ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    オーディオ


    no title
    ▲この木の箱みたいなもの...

    オヤイデは、スウェーデンEntreq(エントレック)のグランドボックスの新製品として、「Minimus」と「Silver Minimus」を29日より発売する。アースケーブルでオーディオ機器と繋いで、電磁波の不要輻射を低減するもので、価格はいずれもオープンプライス。
    『「わかる人にはわかるの!?」アースにこだわる…オーディオの音質改善に』の続きを読む

    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/04/15(火)21:42:01 ID:9NBOUpVfY
     音楽はダウンロードして聴くスタイルが主流になりつつある現代。一方で、昔懐かしいカセットテープがブーム再燃の兆しと聞く。今さらカセットテープ?と思ってしまうところだが、カセットでのリリースに力を入れているインディーズレーベル「ZOMBIE FOREVER」の森幸司氏は言う。

    「アメリカのインディーズレーベルやバンドが、カセットテープにダウンロードコードを付けて売る方法が流行っていて、日本でも音楽好きの人の間で徐々に注目が高まっています」

     このようにCDのおまけとしてカセットテープを付けたり、テープにダウンロードコードを付けたりするリリースが増えているそうだ。今年1月には、気鋭のレゲエバンド、TAMTAMが「謎のカセットテープ」をタワーレコードで無料配布したことも話題に。

    「作り手側としては、自分で作れて500~1000円で売れるので、在庫を抱えず、身の丈に合った音楽販売ができるのが利点です。一方、聴く姿勢の違いもあって、カセットテープは頭出しできないので、一曲一曲ちゃんと聴くんですよね。耳なじみいいノイズも温かみがあるし、一生同じ形で残るデータと違い、聴いた数だけ状態が変わるのも魅力です」

     また、若い世代にとっては、存在自体が新しく、「めんどくさいけど、カッコいい」そうだ。

     ちなみに、経済産業省の統計では、データ記録用磁気テープの生産量が’10年以降3年連続で増加中。震災後、データ保存用としての信頼性や、大容量化などから、磁気テープが見直されているという。
    http://nikkan-spa.jp/623613

    引用元:http://ai.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397565721/

    『【オーディオ】今更、若者がカセットテープに注目する理由「めんどくさいけど、カッコいい」。』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.