ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    カジノ


    110216-wabc-casino-jackpot-malfunction-slotmachine-img


    米ニューヨークのカジノのスロットマシンで遊んでいた女性が、約4300万ドル(約44億円)を当てたが、カジノ側が機械の不具合を理由に支払いを拒否した。米メディアが伝えた。
    『「ステーキで我慢しろ!?」スロット44億円当たるも機械故障で取消し…米』の続きを読む

    1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/02/24(月) 16:28:53.31 ID:???
    2月24日(ブルームバーグ):世界最大のカジノ運営企業ラスベガス・サンズ は
    日本進出のために事務所を開設し、人材を採用する。100億ドル(約1兆円)を
    投資する用意があることも明らかにした。
    来日中のシェルドン・アデルソン最高経営責任者(CEO)が都内の会見で述べた。
    同氏は日本国内で東京と大阪でのカジノリゾート建設に関心があると述べ、
    100億ドルの投資も辞さないとした。
    日本での提携先は「リスクテイカーがいい」として、カジノに関心があるかは
    知らないと断ったうえで、ソフトバンクの孫正義社長をリスクテイカーの一例
    として語った。

    カジノは現在日本国内で違法だが、東京が2020年夏季五輪の開催都市に
    決定したことを受け、急速に法制化の期待が高まっている。
    自民党などの国会議員有志は昨年12月、カジノ解禁を含めた
    特定複合観光施設(IR)を整備するための法案を国会に提出。
    自民党の細田博之幹事長代行は12月の時点で、春先から法案が審議入りし、
    現在の通常国会で法案通過を目指すと述べている。細田氏は超党派の
    「国際観光産業振興議員連盟」(IR議連、通称:カジノ議連)の会長。

    投資銀行のユニオン・ゲーミング・グループは、日本でカジノが解禁されれば、
    約1兆円の市場規模になり、マカオに次いで世界2位の市場になる可能性がある
    と試算している。マカオでの12年の売り上げは380億ドルで、ラスベガスの
    6倍に上った。
    日本でのカジノ合法化を見越して、サンズの他にもこれまでに
    MGMリゾーツ・インターナショナル、
    香港のメルコ・クラウン・エンターテインメントなどが具体的な投資計画を明らかに
    している。

    ソースは
    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N1HIAC6K50XT01.html
    関連スレは
    【地域経済】ハウステンボス(HTB)にカジノを誘致すれば、地域発展の起爆剤になる--長崎県・佐世保市の検討協議会 [02/22]
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1393113405/l50
    no title

    『【娯楽】カジノ世界最大サンズ、日本事務所開設 100億ドル投資も視野[14/02/24]』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.