no title
▲カスピ海に配備される軍艦

【モスクワ時事】ロシアのショイグ国防相は7日、ロシア海軍がカスピ海からミサイル26発を発射し、シリア領内にある過激派組織「イスラム国」の11拠点を攻撃したと明らかにした。

南部ソチで、プーチン大統領に報告する様子を国営テレビが伝えた。 これまでの空爆作戦から軍事行動を一気に拡大させた。 【動画あり】
『「海からシリア攻撃を開始!?」ロシア…カスピ海から巡航ミサイル発射』の続きを読む