ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    ゴッホ


    olive(1)

    (CNN) 米ミズーリ州カンザスシティーの美術館はオランダの画家ビンセント・ファン・ゴッホの作品を調査中に虫の「バッタ」1匹が塗り込まれているのを発見したとこのほど報告した。
    『「ゴッホの絵画に“バッタ”が!?」塗り込まれたまま128年間気付かれず』の続きを読む


    5746179373_78c589499a_z
    ▲現在の「スケベニンゲンの海の眺め」
     
    【ローマ共同】イタリア南部ナポリの警察当局は30日、オランダ・アムステルダムのゴッホ美術館から2002年に盗まれたゴッホの油絵2点がナポリ近郊で見つかったと発表した。ANSA通信などが報じた。

    ナポリの犯罪組織カモッラの麻薬犯罪の捜査過程で、関係先から発見されたという。
    『「スケベニンゲンの海の眺め!?」盗まれたゴッホ…総額101億円が発見』の続きを読む


    no title
    ▲南仏アルル、アリスカンのポプラ並木

    【ニューヨークAFP=時事】オランダの画家ゴッホの絵画「アリスカンの並木道」が5日、米ニューヨークのサザビーズで競売に掛けられ、6630万ドル(約79億5000万円)で落札された。 
    『「ゴッホの絵画79億!?」“アリスカンの並木道”…アジアの収集家が落札』の続きを読む


    3436188161_541b102ff3_z

    人工知能の進化はめざましく、周囲の交通状況を判断して自動で運転する自動運転カーや、人間と区別がつかないほど正確な解答を出すスパコンなどが登場しており、「このままではロボットが人間の仕事を奪い尽くすのではないか?」と心配する声が上がるほどです。

    知的な行動の中でも「芸術」分野についてはコンピュータは人間の足下にも及ばない、と考えられてきましたが、進化を続けるコンピュータアルゴリズムはゴッホやピカソなどの芸術性を理解しつつあるようです。
    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1417694488/
    1: ◆sRJYpneS5Y 2014/12/04(木)21:01:28 ID:???

    『「コピーの域を超えた!?」ゴッホの絵をコンピュータに描かせると?』の続きを読む

    no title

    1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/06/05(木) 20:56:13.09 ID:???0.net
    ゴッホの耳の生体レプリカ、ドイツの美術館で展示
    http://www.afpbb.com/articles/-/3016815
    AFP 2014年06月05日 08:32 発信地:ベルリン/ドイツ
    van-gogh-vangoghgallery-com
    【6月5日 AFP】オランダの画家ビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)が
    切り落とした耳の生きた複製が、あるアーティストによって展示用に制作された。ドイ
    ツの美術館が4日、明らかにした。

    生体物質を使用した芸術作品を専門とするディームット・シュトレーベ(Diemut Strebe)
    さんは科学者らの協力を得て、ゴッホの親戚のDNAと3Dプリンターを使ってゴッホの耳を
    再現した。

    ドイツ南西部カールスルーエ(Karlsruhe)の美術館カールスルーエ・アート・アンド・メデ
    ィア・センター(Center for Art and Media Karlsruhe、ZKM)の広報担当者によると、耳は
    コンピューター画像処理技術を使用して培養軟骨を成長させたもので、「ゴッホの耳の形と
    同じ」という。

    軟骨細胞はゴッホの弟、テオ(Theo)のやしゃご、リーウ・ファン・ゴッホ (Lieuwe van
    Gogh)さんが提供したものを使用した。

    同広報担当によると、展示されている耳は生きた細胞と人工物できており、 「シュガー
    ベイブ(Sugababe)」と題された「生体芸術作品」となっている。

    来館者は、マイクを使って耳に話しかけることができ、その音は耳が浸されて
    いる栄養溶液を通り抜けて、展示場で放送される。
    van_gogh_ear_0506_840_631_100
    写真:ドイツ南西部カールスルーエの美術館カールスルーエ・アート・アンド・
    メディア・センターで展示される、ディームット・シュトレーベさんが生体物質を
    使って復元したビンセント・ファン・ゴッホの耳(2014年6月4日撮影)

    (c)AFP/THOMAS KIENZLE
    (詳細はソースにてお確かめ下さい)


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1401969373/

    『【芸術】最新技術で再生!切り落とされたゴッホの耳 生体レプリカとしてドイツの美術館で展示』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.