ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    サイエンス誌


    no title

    南米アマゾンに生息するデンキウナギは最大600ボルトの電気を生み出すが、その放電の仕組みはスタンガンの一種「テーザー銃」とよく似ていることが分かったとする研究が4日、米科学誌サイエンス(Science)に掲載された。 【動画あり】
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1417792038/
    1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/12/06(土) 00:07:18.20 ID:???0.net

    『「テーザー銃と同じ!?」デンキウナギ…600ボルト電撃の仕組み 米研究』の続きを読む

    no title

    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/06/06(金) 13:43:39.22 ID:???.net
    【6月6日 AFP】月は原始地球が他の天体と衝突した際に形成されたとする説を裏付ける
    新たな証拠が、1960~70年代に採集された月の岩石サンプルによって示されたとの研究
    論文が、5日に米科学誌サイエンスで発表された。

    月の形成については、約45億年前に誕生初期の地球と「テイア(Theia)」と呼ばれる
    惑星体の衝突によるものとする「巨大衝突(Giant Impact)説」が提唱されている。

    大半の専門家らはこの巨大衝突説を支持しているが、このような衝突が起きたことを
    確認する唯一の方法は、酸素、チタン、ケイ素などの元素の同位体比率を調べること

    だという。

    隕石(いんせき)によって地球に運ばれた月の岩石サンプルを調査したこれまでの研究
    では、地球と月の構成物質の組成が非常に良く似ていることが判明していた。

    だが今回の論文を発表したドイツのゲオルグ・アウグスト大学ゲッティンゲンなどの研究
    チームは、米航空宇宙局(NASA)の有人月探査ミッション「アポロ計画」のアポロ11号、
    12号、16号で月の表面から採集された岩石サンプルと最新の科学技術を用いて、新たな
    証拠を発見
    した。

    論文で研究チームは「月のサンプルから、わずかだが明らかに高い割合の酸素同位体が
    検出された」
    「この非常にわずかな差異は、月形成の巨大衝突説を裏付けるものだ」と
    説明している。

    巨大衝突の理論モデルでは、月は全体の70~90%がテイア由来の物質で形成され、 残りの
    10~30%が地球に由来するとされてきた。

    だが研究チームは、検証にはさらに研究を重ねる必要があるとしつつも、月は地球とテイア
    の断片が半々の割合で混ざったもの
    かもしれないと主張している。

    論文の主執筆者で、ゲオルグ・アウグスト大のダニエル・ヘルワルツ(Daniel Herwartz)氏
    は「この差異はわずかで、検出は困難だが、確かに存在する」と話す。

    「これでようやく、巨大衝突は起きたと合理的に確信できる」

    今回の研究成果は、6月11日に米カリフォルニア州で開かれるゴールドシュミット地球
    化学国際会議で発表される予定。
    http://www.afpbb.com/articles/-/3016944

    論文 "Identification of the giant impactor Theia in lunar rocks" Science 6 June 2014
    DOI: 10.1126/science.1251117
    http://www.sciencemag.org/content/344/6188/1146.abstract


    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1402029819/

    『【月科学】月形成の「巨大衝突説」、独チームが新たな証拠発見』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.