154295132_950ebc1908_z

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、火星の衛星に着陸し、砂や氷などを採取して地球に持ち帰る無人探査機を、2021年度をめどに打ち上げる計画を明らかにした。

政府の宇宙政策委員会の小委員会で説明し、大筋で了承を得た。
『「次は火星の衛星!?」JAXAサンプルリターン計画…2021年度にも打ち上げ』の続きを読む