ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    シリア


    aleppo-3-december(1)

    【AFP】在英のNGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は6月30日、シリアのイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」は政府軍の進攻を受け、北部アレッポ(Aleppo)県から撤退し、もはや同県内にはいないと発表した。
    『「ISアレッポから撤退!?」ISは政府軍の進攻を受け撤退…在英NGO発表』の続きを読む


    no title

    【プラハAFP=時事】チェコのゼマン大統領は26日、欧州への難民流入は「自然発生的なものではない。組織的な侵略だ」と非難し、シリアやイラクの若者は帰国してまず過激派組織「イスラム国」(IS)と戦えと主張した。国民向けのクリスマスメッセージで述べた。
    『「帰国して戦え!?」チェコ大統領…難民流入は侵略、ISを強化することに』の続きを読む


    no title
    ▲ISの石油施設付近のタンクローリーの映像...

    ロシア軍の爆撃機を撃墜したトルコと対立を深めるロシアは、トルコが過激派組織IS=イスラミックステートから石油を購入している証拠だとして上空から撮影したタンクローリーや石油施設の写真と映像を公開し、トルコのエルドアン政権の責任を追及していく姿勢を強調しました。 
    『「証拠は揃ってんだよ!?」ISから石油購入…ロシア国防省トルコを批判』の続きを読む


    no title
    ▲シリアのロシア大使館...

    シリアにあるロシア大使館の敷地に砲弾が撃ち込まれ、アサド政権を支援してシリアでの空爆を続けるロシアに対して反発する反政府勢力による報復という見方が出ています。

    ロシアのインターファクス通信は13日、シリアの首都ダマスカスにあるロシア大使館に向けて砲弾が撃ち込まれ、敷地内に着弾したと伝えました。大使館員にけがはないということですが、詳しい被害の状況は分かっていません。
    『「砲弾撃ち込まれる!?」シリアのロシア大使館…反政府勢力による報復か』の続きを読む


    no title

    米軍関係者によると、シリア上空を飛行中の米軍F-16戦闘機に対し、数回にわたってロシア軍機が「接近」したことを明らかにしました。

    ロシア軍のSu-34戦闘機がおよそ20マイル以内にまで接近したことが確認できたとのこと。
    『「繰り返し“接近”!?」露Su-34戦闘機…米F-16戦闘機シリア上空で』の続きを読む


    no title
    ▲カスピ海に配備される軍艦

    【モスクワ時事】ロシアのショイグ国防相は7日、ロシア海軍がカスピ海からミサイル26発を発射し、シリア領内にある過激派組織「イスラム国」の11拠点を攻撃したと明らかにした。

    南部ソチで、プーチン大統領に報告する様子を国営テレビが伝えた。 これまでの空爆作戦から軍事行動を一気に拡大させた。 【動画あり】
    『「海からシリア攻撃を開始!?」ロシア…カスピ海から巡航ミサイル発射』の続きを読む


    no title

    【CNN】シリア反体制派の「シリア人権監視団」(本部・ロンドン)によると、米軍などの訓練を受けた反体制派戦闘員少なくとも75人で構成する部隊が、18日から19日にかけてシリア北部へ入った。

    米、英、トルコ軍が訓練した新たな部隊はトルコから国境を越え、北部アレッポ周辺に展開したとされる。
    『「米軍仕込み反体制派シリア入り!?」75人シリア展開…第一陣はほぼ全滅』の続きを読む


    no title

    【AFP】数百万人規模のシリア人が難民キャンプで苦しい生活を送り、あるいは欧州へ渡るために命を懸けている中、裕福な湾岸諸国がほとんど難民を受け入れていない理由が問われている。

    8月末までにシリアから逃れた人は400万人を超えているが、湾岸協力会議(GCC)加盟6か国(バーレーン、クウェート、オマーン、カタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦/UAE)が公式に受け入れた難民は全くいないわけではないものの、ごく少数にとどまっている。

    6か国は難民支援に数十億ドルを拠出しているが難民受け入れには消極的な姿勢を見せており、高まる批判に直面している。
    『「シリア難民受け入れに消極的!?」湾岸諸国…同じ宗教で裕福な国の反応』の続きを読む


    no title

    【AFP=時事】ギリシャの移民政策担当相は7日、同国のレスボス(Lesbos)島に押し寄せている主にシリアからの難民1万5000人以上により地元住民の生活に大きな影響が出ているほか、一部で暴力行為も報告されるなど、島での状況が「爆発寸前」であることを明らかにした。
    『「爆発寸前!?」レスボス島…シリアから難民が押し寄せ地元住民に悪影響』の続きを読む


    no title

    ロンドンの15歳と16歳の少女3人が過激派「イスラム国」が支配するシリアに向かった可能性が強いとみて、ロンドン警視庁は写真を公開して情報を求めています。

    ロンドン警視庁によりますと、3人の少女はイスラム教徒が多く居住する東ロンドンの学校の同級生で去年12月にシリアに渡ったとみられる15歳の少女とも仲が良かったということです。 

    |・ω・`) 映像見たら普通に飲み会行ってくるような格好でワロタ
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1424488201/
    1: ファルコンアロー(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 12:10:01.53 ID:PyJFXfIY0.net

    『「ちょっとISISでも行ってくる!?」英少女3人シリアへ…写真公開』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.