no title

高齢者にとって懐かしのアイテム、金属製のオイル式“使い捨てないカイロ”が今、若者の間でブームだ。

もともとは
昔からの愛好家を筆頭に、バイクに乗る人や登山、釣りなどアウトドアをする人たちに好まれて使われていたが、ここへきて人気が再燃している。 

その理由は、まず、使い捨てカイロの約13倍の熱量があり、暖かさが格段に違うこと。しかも最大約24時間の保温も可能であること。繰り返し使えるためゴミが出ないこと。使用経験のある40、50代~90代の人たちにとっては懐かしいアイテムだが、1978年に発売された使い捨てカイロ世代の若者にとっては、珍しく新鮮に映っているようだ。
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1424353265/
1: エルボードロップ(宮城県)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 22:41:05.78 ID:aykngesT0●.net

『「暖かさ13倍!?」懐かしの金属製オイル式カイロ…じわじわ再燃焼』の続きを読む