no title
(イメージ)

イネの種子を大きくする遺伝子を、名古屋大学の芦苅(あしかり)基行教授(植物分子遺伝学)らが発見した。

この遺伝子を取り入れると、種子が15%大きくなり、コメの増産につながる可能性がある。23日(日本時間)、米科学アカデミー紀要電子版で発表される。 
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1419287766/
1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2014/12/23(火) 07:36:06.71 ID:???.net

『「コメ粒が大きくなる遺伝子発見!?」品種改良で増産の可能性も』の続きを読む