ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    スクーター


    P90229590_lowRes_the-new-bmw-c-evolut-600x381(1)

     BMWが初の電動スクーター「BMW C evolution(シー・エヴォリューション)」を2017年5月12日に発売する。最大の特徴は走行距離160km、最高速度129km/hというスペック。国内メーカーの電動バイクが走行距離50km未満、最高速度50km前後のものが多く差は歴然だ。
    『「大型電動スクーター日本導入!?」BMW…トルクフルな加速で最高130キロ』の続きを読む


    01(1)


    スズキは3月21日、燃料電池2輪車「バーグマン フューエルセル」18台がナンバープレートを取得して公道走行を開始すると発表した。

    『「燃料電池スクーター走行開始!?」スズキ…燃料電池二輪のナンバー取得』の続きを読む


    vespa-elettrica1(1)


    スクーターに詳しくない人でも「Vespa」の名称は耳にしたことがあるのではないだろうか。あるいは、独特の丸みを帯びたデザインを見て「ああ、これ」と思う人もいるはず。

    映画「ローマの休日」にも出てきたイタリアを代表するスクーターブランドだが、このVespaのラインナップに電気版が加わる。早ければ来年後半の販売となりそうだ。
    『「電気スクーター開発!?」伊“Vespa”電気版…2017後半にも発売予定』の続きを読む


    main(1)
    ▲ホンダ Giorno(ジョルノ)
     
    国内二輪車首位のホンダと2位のヤマハ発動機は二輪車の生産、開発で提携する。2018年をめどに、日本で販売する排気量50ccスクーターをホンダからのOEM(相手先ブランドによる生産)調達に切り替える検討に入った。

    宅配用の新型モデルは共同開発する。国内の二輪車市場は縮小に歯止めがかからず、1980年代の約8割減に落ち込んでいる。ライバル2社が連携して競争力を確保する。

    『「二輪ライバル提携!?」ヤマハ発×ホンダ…50cc二輪OEMで競争力確保』の続きを読む


    6c3575e5b635e1c5(1)


    台湾のモーターサイクルブランド「キムコ」の日本法人 キムコジャパンは、8月1日付でアジアの二輪ブランドとして初めて日本自動車輸入組合(JAIA)に加入したと発表した。
    『「スクーターで意外と有名!?」台湾キムコ…日本自動車輸入組合に加入』の続きを読む


    no title

    日本でもファンの多いイタリアのスクーター、ヴェスパ。そんなヴェスパの80年代モデルのパーツを大胆にリサイクルして作られたオフィスチェアがあるとしたら、欲しくありませんか?
    『「毎日がローマの休日!?」伊スクーター“ヴェスパ”のパーツで椅子作成』の続きを読む


    no title

    台湾の二輪車メーカーの光陽工業の日本法人キムコジャパンは、12月からキムコ製スクーター7機種を、全国のキムコジャパン正規販売店で発売、日本市場に参入すると発表した。

    光陽工業は「KYMCO(キムコ)」のブランド名などで、世界97カ国でスクーター、モーターサイクル、ATV、ユーティリティビークル、発電機、電動スクーター、電動アシスト自転車、シニアカーなどを販売している。 
    『「台湾の二輪車日本市場へ!?」キムコ…スクーター7種類を正規販売店で』の続きを読む


    no title

    ロンドン(CNNMoney) クリスマスシーズンに向けて海外から英国に輸入された自走式の電動2輪スクーター「ホバーボード」について、英安全当局が爆発の危険性を指摘した。

    10月中旬以降、英国に輸入されたホバーボードは約90%が押収されている。
    『「“ホバーボード”爆発!?」電動スクーター…小売店はリコール当局押収』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.