no title
▲現行の「スーパーあずさ」

JR中央線を走る特急列車「スーパーあずさ」の後継車両・E353系が23日、東京都日野市の豊田車両センターで報道陣に公開された。

新型車両は12両編成で、定員は686人。「空気ばね式車体傾斜装置」を、在来線特急列車として初めて導入し、JR東日本の広報担当も「揺れはほとんど気にならない」と胸を張る。
『「ほとんど揺れない!?」“E353系”スーパーあずさ後継車両公開…JR東日本』の続きを読む