1: 声なき声に力を ★ 2014/06/21(土) 07:52:47.04 ID:???.net
 どんなに肥満が問題になろうが、ヘルシー志向に逆行していようが、米国人のベーコンへ
対する愛は尋常ではない。 それは、ベーコンが食品という枠を越えて、もはやアメリカン・
アイコンのような位置づけになっているからだ。
6905783180_b7778dc5c1_z
by jeffreyw

 ベーコンは、アメリカンブレックファーストには欠かせない定番アイテムだが、どこか脇役

的な扱いで脚光を浴びることがなかった。ところが、2011年に米国デニーズが「Baconalia
(ベーコン祭)」という期間限定フェアを始めると、メニューに初登場した「メープル・ベー
コン・サンデー」が爆発的なヒットを記録。そこから改めて、ベーコンの魅力にスポットライ
トが当たるようになった。
dennys-maple-bacon-sundae


 最近やたらと目にする「メープル・ベーコン味」の商品は、このヒットに乗っかったものが
多い。いま日本で大流行のポップコーンから、米国ではドーナッツやポテトチップス、ビール
やコーヒーにまでこの味が登場している。

 ベーコン人気は食品だけにとどまらない。それを象徴するかのような、おバカで笑えるような
ものが紹介され話題になっている。

BaconSaltFlavors



 例えば、シアトルにあるJ&D's Foods社。どんなものでもベーコン味にできる夢のような商品
「ベーコン・ソルト」を発売して成功した会社なのだが、他にも驚きの商品ラインアップをそろ
える。ベーコンの香りがする日焼け止めクリームやリップクリーム、きわめつきはベーコン・
コンドームなんていうものもある。
jd-bacon-condoms


 ただ、ほどほどにしないと国の存続が危ういかもしれない。というのはジョークだが、Harvard
Scool of Public Health
(ハーバード公衆衛大学院)の調査報告によると、ベーコンの食べ過ぎは精子を劣化させるという
から、気をつけたほうがいいだろう。

(詳細はソース元をご確認下さい)
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1406/19/news008.html 



引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1403304767/

『スイーツも?アレまで? 米国人のベーコン愛は尋常じゃなかった!』の続きを読む