ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    ソーラー


    UGhsaGBhnDBHlZr-800x450-noPad(1)
    (イメージ)
    アメリカのトランプ大統領がメキシコ国境の壁の建設をめぐり、新たな構想を打ち出した。  21日、アイオワ州で演説したトランプ大統領。目玉公約だったメキシコ国境沿いの壁の建設について、こんな案を披露した。

    トランプ大統領「太陽光パネルで壁をつくろうと思う。エネルギーをつくって建設費を賄えるからね」
    『「太陽光パネルで作る!?」トランプ大統領…メキシコとの壁に新たな構想』の続きを読む


    FSPhase1web2(1)


    アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)で3月、5万世帯分の電力供給が可能な太陽光発電所が完成した。同国では2050年までに、電力需要の4分の3を再生可能エネルギーで賄うことを目指している。
    『「第2段階完了!?」ドバイ…20年までに1000MW大規模太陽光発電所計画』の続きを読む


    CIAL_1739332f(1)
    ▲インド、コチン(コーチン)国際空港
     
    インド南部のコーチン国際空港が、世界で初めて太陽光発電による電力の自給自足を実現した。

    同空港は3年前から太陽光パネルを導入し、まず到着ターミナルの屋上に、続いて航空機の格納庫とその周辺にパネルを設置。このプロジェクトの成功を受けて昨年、ドイツのボッシュと契約し、貨物ターミナル周辺の未使用地に巨大な太陽光発電所を建設した
    『「自給自足を実現!?」インドの国際空港…世界初太陽光で全電力の自給』の続きを読む


    no title

    遊休農地の固定資産税を2017年度から1.8倍に引き上げる方向で議論が進むなか、その活用ビジネスが活性化している。中でも注目されているのが発電事業だ。

    スマート電化・太陽光発電事業を行っているリベラルソリューションでは、太陽光発電による売電ビジネスへの遊休農地の転用を促進している。2014年には21件だった転用事例が、2015年は48件と増加傾向だ。
    『「みんなの電気代でしょ!?」遊休農地対策…太陽光売電ビジネスで活性化』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.