ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    タランチュラ

    1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 09:28:58.41 ID:???.net

    13694799575_6fc7dc237c_z
    by stavos

     数年前、ハーバード大学の昆虫学者ピオトル・ナスクレッキ(Piotr Naskrecki)氏は、南米北部のガイアナ共和国で全長30センチもの子犬サイズのルブロンオオツチグモ(Theraphosa blondi)に遭遇した。

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1414024138/

    『「世界最大級タランチュラ!?」“ルブロンオオツチグモ”全長30cmに遭遇』の続きを読む

    1: 大口小火◆lol.XSQqdw 2014/05/22(木)20:49:28 ID:???
    イギリスで18日に開催されたタランチュラの品評会に、3万匹を超えるタランチュラと
    その熱心な飼い主が参加した。 世界で最も歴史が長い権威あるイベントで、参加者の
    数も世界一を誇る。トロフィーを手にしたブリーダーは同時に名声を手に入れる。

    ▼最優秀賞に選ばれたソコトラ・アイランド・ブルー・バブーン
    (クリックでモザイクが消えます 閲覧注意


    審査員は完璧を求める。毛づや、機敏さ、活発さ、プロポーション、色はどうか、
    本来あるべき姿をしているか。姿勢も重要だ。8本の脚すべてが真っすぐ立ち、完璧な
    バランスを保っていなければならない。

    最優秀賞に輝いたのは、マイク・ドーキンス氏のタランチュラ。「初めての参加だっ
    たため、本当に驚いている」と喜びを表現するドーキンズ氏は、2011年からタランチュ
    ラを飼い始め、その数は約60匹まで膨れ上がっているという。

    「タランチュラは本当に理想的なペットだ」とベテラン審査員のヘイル氏は強調する。
    「飼いやすく、においがなく、人にうつる病気もない。30年生きる個体もいる」。

    ヘイル氏はうやうやしい口調で、タランチュラは評価されるべきものだと話を結んだ。

    「私も子供のころはクモが怖かった。ある日、見上げると1匹のクモが落ちてきた。
    よく見ると、とても美しいことがわかった。その色や模様、動きに魅せられ、クモの
    虜になった」。

    (詳細はソースをご覧ください)
    ソース:ナショナルジオグラフィック
    http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140522004&expand


    『【閲覧注意】世界一美しいタランチュラの品評会 3万匹が参加し大盛況』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.