ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    ダイヤモンド


    diamondust
    (イメージ)
    英国の高級車メーカー「ロールスロイス」は16日までに、車体の塗装に砕いた本物のダイヤモンドの粉末状のものを使った特注の1台を完成させたと発表した。

    塗装に要した経費などは明らかにしていないが、これまで製造した中で最も高額なモデルとしている。砕いたダイヤモンドは1000個としている。この超豪華な車を発注したのは個人だという。【動画あり】 
    『「リアルダイヤモンドダスト!?」ロールスロイス…ダイヤ粉末使った特注』の続きを読む


    94494_201603111746574727_1(1)
    File Photo

    アンゴラでダイヤモンド鉱石を採掘する豪州の企業「ルカパ・ダイヤモンド」社が鉱山の周囲に篩い分けられた大粒の鉱石から道路を舗装している。正確を期すとダイヤから道を舗装して「しまっていた」ことがわかった。
    『「巨大ダイヤ捨てられてた!?」アンゴラ…選別機の精度悪く道路舗装用』の続きを読む


    elib_2632208

    【CNN】英王室所蔵の冠に飾られている巨大ダイヤをめぐり、インドから返還を求める動きが出ている問題で、同国政府は21日までに返還に向けた「あらゆる可能な努力」を行っているとの立場を改めて示した。

    このダイヤは「光の山」を意味する「コーイヌール」という名で呼ばれ、大きさは105.6カラット。 
    『「世界最大と呼ばれたダイヤ!?」コーイヌール…インド政府が返還求める』の続きを読む


    no title

    鉱山開発会社のルカパは15日、史上最大級となる404.2カラットの巨大ダイヤモンドがアフリカ南西部アンゴラの鉱山で発掘されたと発表した。

    巨大ダイヤはアンゴラダイヤモンド公社などとの共同プロジェクトで発見された。直径は7センチとクレジットカードほど。米小売り業者が色や透明度の鑑定を行った結果、不純物がほぼゼロのダイヤと判定したという。

    『「404 ct Found!?」不純物ゼロ…巨大ダイヤモンド、アンゴラ鉱山で発見』の続きを読む


    no title

    火葬後の遺骨や灰からダイヤモンドをつくるというサービスが「究極の形見」として話題だ。Twitterユーザーが1月21日に紹介。ネット上で話題になっている。 
    『「遺灰からダイヤモンド!?」永遠の輝き…火葬後に遺灰を加工し宝石に』の続きを読む


    no title
    (イメージ)

    隕石の衝突で出来たロシア・シベリア地表の巨大クレーターで見つかったダイヤモンドが、極めて硬い「ナノ多結晶ダイヤモンド」と分かったとの研究成果を、愛媛大地球深部ダイナミクス研究センターのチームがまとめ、1日付の英科学誌電子版に発表した。
    『「隕石衝突でダイヤ生成!?」シベリアのクレーターに天然の超硬質ダイヤ』の続きを読む

    no title
    ▲発掘された122.52ctの原石

    1: のり弁当大盛り ★ 2014/06/14(土) 07:08:27.79 ID:???.net
    http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014061400042

    【ヨハネスブルクAFP=時事】南アフリカのカリナン鉱山で、122.52カラットのブルーダイヤモンドの特大原石が発掘された。英ダイヤモンド生産会社ペトラ・ダイヤモンズは「希少なブルーダイヤの中でこれほど大きい原石は大変珍しい」と驚いている。

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1402697307/

    『「大きな希少なブルーダイヤ!?」特大ブルーダイヤ発掘122カラット超 カリナン鉱山』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.