ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    チューブ


    hyperloop3(1)
    File Photo

    ソウルから直線距離で325キロ離れた釜山(プサン)まで16分で走破する超高速列車の開発が本格的に推進されている。

    世界最大電気自動車会社テスラの創業者イーロン・マスク氏が2013年に飛行機より2倍速い超高速列車ハイパーループ(Hyaper loop)を製作するというビジョンを提示してから3年後、韓国でも独自の開発に入っている。
    『「韓国で開発が本格化!?」ハイパーループ…325kmの距離を16分で走破』の続きを読む


    573d8eecc36188b4698b45b7

    ロシアは、アメリカの実業家イーロン・マスク氏の参加のもとで創出された高速テクノロジーの導入のための主な実験場となりうる。最初の真空チューブ列車は、極東およびモスクワで運行される予定だ。

    国内の大型インフラ・プロジェクトへの投資のために政府の発意に基づいて創設されたロシア直接投資基金(RDIF)は、2016年6月、異例の投資を行った。
    『「“ハイパーループ”導入へ!?」ロシア投資…極東で貨物の高速輸送に』の続きを読む


    0511_hyperloophold-ed

    テスラ・モーターズ、SpaceX を率いるイーロン・マスクが提唱した時速1200km/hの超高速旅客システムコンセプHyperloopが初めて軌道上を高速走行しました。

    Hyperloop構想に賛同し、これを開発するベンチャー企業Hyperloop Oneが5月11日(日本時間12日未明)に実施したプロトタイプ車両の走行テストで、0-100km/h加速を1.1秒を記録しています。 【動画あり】
    『「初の屋外テスト成功!?」ハイパーループ…チューブ内でのテストも視野』の続きを読む


    no title

    乾燥して手がカサカサになります。対策が必要だ!

    というわけで、ハンドクリームをゲットしました。と言っても、ただのそれではない。手肌に潤いがなくても、遊び心は失くしたくない。
    『「肌荒れに“のり”!?」“チューブのり”みたいなハンドクリームが発売』の続きを読む


    no title

    「これを入れたらなんでも中華料理屋の味になる」と、中華ファンに長らく愛されてきた調味料といえば『味覇』(ウェイパー)である。だが、味覇の一般向けの販売元である廣記商行と、業務用の販売元で製造元である創味食品になんやかんやあったため、契約がなくなってしまった。

    その後、廣記商行の味覇はそのまま発売されているものの、製造元の創味食品が作る“元・味覇”として新しく『創味シャンタン』の一般向けが発売開始された。
    『「チューブタイプが!?」誰でも中華料理屋の味“創味シャンタン”元味覇』の続きを読む


    no title

    もう空気入れはいらない! ― 走れば空気が入る自転車用タイヤチューブ「PumpTire」、プロトタイプ完成

    「PumpTire」は、自転車を走行させることで空気を入れられる自転車用チューブ。主に自転車通勤者をターゲットとしている。 
    『「走るだけで空気が入る!?」空気入れ不要…自転車用タイヤチューブ』の続きを読む


    weypha
    ▲トラブルとは縁遠い顔が...

    どんな人でもプロ並みの味が再現できる!と重宝されてきた中華調味料「味覇」。

    この「味覇」の中身が変わることをご存じだろうか? 「味覇」の販売元の廣記商行と、中身の製造元である創味食品との契約が3月末で終了してしまうからだ。30年以上続いてきた廣記商行と創味食品の関係に何があったのか。「味覇」を頼りにしてきた人はこれから何を頼りにしたらいいのか。創味食品の企画部の方に聞いてみた。 
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1427770081/
    1: 海江田三郎 ★ 2015/03/31(火) 11:48:01.51 ID:???*.net

    『「中華調味料“味覇”の中身が変更に!?」販売元と製造元のトラブルで』の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/03/19(水)18:23:23 ID:fTmYnO2eK

    ウェイパーチューブIMG_7147(元画像)

    株式会社廣記商行は、万能調味料として人気の「味覇(ウェイパァー)」缶タイプに加え、新たにチューブタイプ「味覇(ウェイパァー)チューブ」を、3月20日より、全国で発売する。

    http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1395221003/ 『「味覇にチューブタイプ!?」万能調味料ウェイパァー…缶タイプに加え新たに』の続きを読む

    1: @@@ハリケーン@@@φ ★ 2014/01/27(月) 00:36:49.70 ID:???
     焼き魚や天ぷら、蕎麦(そば)などに欠かせない大根おろし。だが、大きな大根を手ごろな
    サイズにカットして皮を剥き、おろし金に押しつけて何度もおろすのは、面倒で手間の
    かかる作業だ。そんなときに便利なのが、必要な時にすぐに使える、チューブ入りの大根おろし。

     この“ありそうでなかった”商品、チューブ入り『大根おろし』(賞味期限60日 内容量
    120グラム)を開発したのは、漬け物メーカー・新進(しんしん)の女性開発者だった。

      「料理の添え物である大根おろしは、いわば脇役。それなのに、どうしてあれほどの手間
    をかけなくてはいけないのか……。私もこれまでおおいに不満に感じていたんです(笑い)」

     チューブ入り『大根おろし』を開発した開発部の管理栄養士、高木恵美は、そういって
    笑顔を見せた。きっかけは、ある主婦のひと言だった。

     2012年春、チューブ入りジュレ(ゼリータイプの調味料)の新発売セールを視察するため
    にスーパーに足を運んでいた新進の社長に、買い物に来ていた主婦がこう声をかけた。

     「使いたい量だけすぐに使えるチューブ入りのジュレは便利ね。今度は大根おろしを
    作ってほしいわ」

    ソース:NEWSポストセブン
    http://www.news-postseven.com/archives/20140126_237385.html

    (つづく)

    『【食品】便利なチューブ入り大根おろし 主婦のとある発言で開発開始 [14/01/26]』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.