1: ◆D4vNpalM5M 2014/04/16(水)14:06:05 ID:1eBsafr23
絶滅危惧種に指定されているツシマヤマネコの繁殖に取り組んでいる福岡市動物園で、
先週、3匹の子どもが生まれました。
2匹は元気だということで、順調に育てば5年ぶりのことになります。

国の天然記念物で絶滅危惧種に指定されているツシマヤマネコは、現在、国内の
10の施設で26匹が飼育されていますが、環境省などは、半数に当たる13匹を、
福岡市動物園と長崎県佐世保市の九十九島動植物園に集めて、集中的に繁殖に取り
組んでいます。
NHK NEWS webより(動画あり)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140414/k10013732341000.html


平成26年4月11日(金)午前0時24分から午前1時52分にかけて、福岡市動物園にて
ツシマヤマネコのメス(No.39)が3頭の子猫を出産しました。

生まれた子猫1頭は衰弱のため翌12日10時頃に巣箱の中での死亡を確認しましたが、
ほかの子猫2頭は元気で、母猫が哺育しております。

今回出産しましたメス(No.39)は昨年、同じオス(No.60)とのペアリングで初めて
妊娠しました。しかし難産のため帝王切開を行いましたが、生まれた子猫2頭は出生後
すぐに死亡しました。
今回は、4月10日(木)午後11時45分より陣痛が始まり、約2時間かけて3頭を無事に
出産しました。

なお、ツシマヤマネコの繁殖は非公開施設で行っており、生まれた子猫の公開は未定です。
福岡市動物園HPより
http://zoo.city.fukuoka.lg.jp/news/detail/519
no title

(参考)
ツシマヤマネコなぅ
http://tsushimayamaneko.jp/now/




引用元:http://ai.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397624765/

『【絶滅危惧種】ツシマヤマネコの赤ちゃん産まれる 福岡市動物園』の続きを読む