ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    トヨタ


    DFqQ14VVwAILEIF(1)


    「えっ!? あの先端メーカーにお勤めなんですか!それならぜひ弊社にきませんか」

    トヨタがJR南武線の各駅に掲示した、エンジニアの中途採用広告が話題になっている。南武線沿線には、大手のIT関連企業やメーカーの事業所が多数存在し、また、駅によって文言が若干変わっていることなどから、「沿線の大手企業のエンジニアを引き抜こうとしているのでは」との声が上がっている。

    『「攻めてる!引き抜きか?」トヨタ・エンジニア募集広告…ネットで話題に』の続きを読む


    chargeb(1)
    (イメージ)

    トヨタ自動車は、現状の電池よりも飛躍的に性能を高めた次世代の「全固体電池」を搭載した電気自動車(EV)を2022年にも日本国内で発売する方針を固めた。

    現在のEVの弱点である航続距離を大幅に延ばし、フル充電も数分で済む。車載用では世界初の実用化になるとみられ、EV開発で欧米メーカーが先行する中、革新技術の導入で巻き返しを図る。

    『「EVフル充電が数分で!?」トヨタ“全固体電池”導入で大幅巻き返し図る』の続きを読む


    toyota-motor-started-renting


    自動車メーカーが医療用ロボットを発表しました。

    トヨタ自動車は、自動車のモーターやセンサー技術を活用した医療用ロボットを発表しました。 【動画あり】
    『「トヨタが医療用ロボット!?」リハビリ支援を目的としたロボット発表』の続きを読む


    無題(2)

    【AFP】ドナルド・トランプ米大統領がツイッターで繰り出す個別企業への攻撃。それを投資に生かそうと、テキサス州の企業が人工知能(AI)を使ったプログラムを開発した。

    トランプ氏のツイートを分析して株価の変動を予想、瞬時に取引をこなすもので、すでにトヨタ自動車のメキシコ工場建設への批判などから大きな利益を上げたという。 【動画あり】
    『「トランプ氏の暴言で!?」株自動売買…ツイートからAIで予測 米企業』の続きを読む


    Toyota4(1)

    【ニューヨーク=中西豊紀】トヨタ自動車は24日、2019年秋に米インディアナ州の工場での生産能力を今より4万台増強し、新規に400人を雇用すると正式発表した。投資額は約6億ドル(約680億円)。

    トランプ大統領が自動車各社に米国での雇用増を求めるなか、これに対応した形となる。
    『「インディアナ工場に新規雇用!?」トヨタ米工場…増産投資に680億円』の続きを読む


    Toyota wallpaper(1)


    アメリカのトランプ次期大統領からメキシコ工場の建設計画を批判されている、トヨタ自動車の豊田章男社長は、今後5年間にアメリカで1兆円以上の投資を計画していることを明らかにし、アメリカ経済に貢献していることへの理解を求めました。
    『「トランプに牽制!?」トヨタ社長…“1兆円超投資”米経済貢献アピール』の続きを読む


    polymer back(1)


    トヨタ自動車は24日、世界で初めてリチウムイオン電池の電解液中の動きを観察する手法を開発したと発表した。電池性能低下につながる原因をリアルタイムで観察できるのが特徴。

    トヨタはその要因を解析することで、搭載車の航続距離延長や電池寿命向上につなげる研究開発に役立てる。
    『「世界初の手法!?」リチウムイオン電池…電解液中の動き観察 トヨタ』の続きを読む


     
     
    トヨタは、実用化に向けて走行実証を重ねてきた燃料電池バスを、2017年初頭よりトヨタブランドで販売する。FCバス(車名:トヨタFCバス)の台数は2台で、東京都交通局が運行する路線バスとして使用される予定。【追記あり】 
    『「燃料電池バスを販売!?」トヨタ…2017年より路線バスとして販売へ』の続きを読む


    c-hr-concept(1)

    トヨタ自動車の新型コンパクトクロスオーバーSUV「C-HR」が、今年末の正式発売を前に早くもヒットの予兆を見せている。

    11月上旬からWeb上で先行商談受付が始まる予定だが、すでにトヨタ系の取り扱い販売店で進められている仮予約の状況を踏まえると、「10月上旬段階での納期は2017年4月以降になっている」(事情通)というのだ。
    『「大ヒットの予兆!?」トヨタ“C-HR”…仮予約ですでに納期押しの懸念』の続きを読む


    vehicles_images_2(1)


    KIROBO Miniは、コミュニケーションパートナーとして開発したトヨタのロボット。会話型ロボットで人の表情を読んで話します。

    座高10cm、重さは183g。連続コミュニケーション時間は約2.5時間。充電時間は約3時間。製造はVAIOの安曇野工場が引き受けており、これはAIBOの技術ノウハウを持つため。

    KIROBO Miniは、10月4日~7日にかけて幕張メッセで開催するCEATEC JAPAN 2016に出展します。【動画あり】 

    『「会話型小型ロボットを発売!?」トヨタ…人の表情を読んで話しかける』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.