ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    トヨタ


    無題(2)

    【AFP】ドナルド・トランプ米大統領がツイッターで繰り出す個別企業への攻撃。それを投資に生かそうと、テキサス州の企業が人工知能(AI)を使ったプログラムを開発した。

    トランプ氏のツイートを分析して株価の変動を予想、瞬時に取引をこなすもので、すでにトヨタ自動車のメキシコ工場建設への批判などから大きな利益を上げたという。 【動画あり】
    『「トランプ氏の暴言で!?」株自動売買…ツイートからAIで予測 米企業』の続きを読む


    Toyota4(1)

    【ニューヨーク=中西豊紀】トヨタ自動車は24日、2019年秋に米インディアナ州の工場での生産能力を今より4万台増強し、新規に400人を雇用すると正式発表した。投資額は約6億ドル(約680億円)。

    トランプ大統領が自動車各社に米国での雇用増を求めるなか、これに対応した形となる。
    『「インディアナ工場に新規雇用!?」トヨタ米工場…増産投資に680億円』の続きを読む


    Toyota wallpaper(1)


    アメリカのトランプ次期大統領からメキシコ工場の建設計画を批判されている、トヨタ自動車の豊田章男社長は、今後5年間にアメリカで1兆円以上の投資を計画していることを明らかにし、アメリカ経済に貢献していることへの理解を求めました。
    『「トランプに牽制!?」トヨタ社長…“1兆円超投資”米経済貢献アピール』の続きを読む


    polymer back(1)


    トヨタ自動車は24日、世界で初めてリチウムイオン電池の電解液中の動きを観察する手法を開発したと発表した。電池性能低下につながる原因をリアルタイムで観察できるのが特徴。

    トヨタはその要因を解析することで、搭載車の航続距離延長や電池寿命向上につなげる研究開発に役立てる。
    『「世界初の手法!?」リチウムイオン電池…電解液中の動き観察 トヨタ』の続きを読む


     
     
    トヨタは、実用化に向けて走行実証を重ねてきた燃料電池バスを、2017年初頭よりトヨタブランドで販売する。FCバス(車名:トヨタFCバス)の台数は2台で、東京都交通局が運行する路線バスとして使用される予定。【追記あり】 
    『「燃料電池バスを販売!?」トヨタ…2017年より路線バスとして販売へ』の続きを読む


    c-hr-concept(1)

    トヨタ自動車の新型コンパクトクロスオーバーSUV「C-HR」が、今年末の正式発売を前に早くもヒットの予兆を見せている。

    11月上旬からWeb上で先行商談受付が始まる予定だが、すでにトヨタ系の取り扱い販売店で進められている仮予約の状況を踏まえると、「10月上旬段階での納期は2017年4月以降になっている」(事情通)というのだ。
    『「大ヒットの予兆!?」トヨタ“C-HR”…仮予約ですでに納期押しの懸念』の続きを読む


    vehicles_images_2(1)


    KIROBO Miniは、コミュニケーションパートナーとして開発したトヨタのロボット。会話型ロボットで人の表情を読んで話します。

    座高10cm、重さは183g。連続コミュニケーション時間は約2.5時間。充電時間は約3時間。製造はVAIOの安曇野工場が引き受けており、これはAIBOの技術ノウハウを持つため。

    KIROBO Miniは、10月4日~7日にかけて幕張メッセで開催するCEATEC JAPAN 2016に出展します。【動画あり】 

    『「会話型小型ロボットを発売!?」トヨタ…人の表情を読んで話しかける』の続きを読む


    Toyota-Supra-Spy-Shot-11


    トヨタ自動車が現在、開発を進めていると見られる『スープラ』後継スポーツカー。同車のテスト車両が、ついにその姿を現した。

    これは9月7日、オーストラリアの自動車メディア、『AutoGuide』に掲載されたもの。同メディアの契約カメラマンが、欧州の某所でスープラ後継車の公道テストに遭遇。カメラに収めることに成功している。
    『「スープラ後継車!?」ロングノーズでリアにハッチゲートテスト車両現る』の続きを読む


    oooooooooooooooooo-640x385

    太陽光パネルや家庭用コンセントで充電して走行できる、新しいプラグインハイブリッド車が、2016年冬に発売される。 【動画あり】
    『「新プラグインハイブリッド!?」プリウス…家庭用コンセントで充電可能』の続きを読む


    177526180_eb0333fd47_o(1)
    (イメージ)
    本田技研工業(ホンダ)が航空機「HondaJet」を開発して空へ飛び出したように、トヨタ自動車も航空産業への本格参入を目指しているのだろうか。

    トヨタの米国子会社Toyota Motor Engineering & Manufacturing North America(TEMA)が飛行機としても使える自動車に関する技術を考案し、米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間2016年6月23日に「SHAPE MORPHING FUSELAGE FOR AN AEROCAR」(公開特許番号「US 2016/0176256 A1」)として公開されたのだ。出願日は2014年12月19日。
    『「空飛ぶ自動車の特許出願!?」トヨタ子会社…地上も空中も得意な機体』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.