2456731455_0d694af62b_z
by Jean-Pierre Dalbéra

▲実際の「沙羅双樹」は熱帯に咲くこんな花...

1: Hi everyone! ★ 2014/06/15(日) 17:43:02.11 ID:???.net
 平家物語ではかなさの象徴とうたわれた「沙羅の花」(ナツツバキ)が妙心寺塔頭の
東林院(京都市右京区)で見ごろを迎え、 初夏恒例の「愛でる会」が15日始まった。

 朝に咲いて、夕方には散ってしまうことから、平家物語には「沙羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらわす」とある。緑のコケに覆われた庭園には、前日散った花に
陽光が明るい彩りを添えていた。

 西川玄房住職(75)は「風雪に耐え、この日のために咲いた。人生も、苦しみや
悲しみを乗り越えて、前へ前へ進まないと」と話した。

(詳細はソースにてご確認下さい)

ソース(MSN産経ニュース) http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140615/wlf14061517000033-n1.htm

▼東林院で始まった初夏恒例の「沙羅(ナツツバキ)の花を愛でる会」

no title

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1402821782/

『【京都】沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす…京都・東林院』の続きを読む