ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    バッテリー


    4087181226_699a0c984e_z(1)

    世界的に自動車の電動化に向けた動きが加速し、電気自動車(EV)が次世代エコカーの主流に躍り出ようとする中、二酸化炭素(CO2)を排出しない「究極のエコカー」の普及には大きな壁が立ちはだかっている。

    水素を燃料とする燃料電池車(FCV)は高価な上、水素を充填(じゅうてん)する水素ステーションも不足。無尽蔵の太陽光を動力源とするソーラーカーは実用化のめどすら立っていない状況だ。

    EVの急速な普及は電力不足や、電気を作るための火力発電の増設によるCO2増加という“本末転倒”も起こしかねない。「CO2排出ゼロ」の実現に向けて解決すべき課題は山積している。
    『「EV普及で火力増設!?」EV・FCV普及に壁…インフラ、電気不足、コスト』の続きを読む


    chargeb(1)
    (イメージ)

    トヨタ自動車は、現状の電池よりも飛躍的に性能を高めた次世代の「全固体電池」を搭載した電気自動車(EV)を2022年にも日本国内で発売する方針を固めた。

    現在のEVの弱点である航続距離を大幅に延ばし、フル充電も数分で済む。車載用では世界初の実用化になるとみられ、EV開発で欧米メーカーが先行する中、革新技術の導入で巻き返しを図る。

    『「EVフル充電が数分で!?」トヨタ“全固体電池”導入で大幅巻き返し図る』の続きを読む


    4936484446_7ceb63b820_z(1)

    コンデンサ・EV充電システムのニチコンは、EV・FCV・PHVなどの電動車の電気を非常用電源やアウトドアユースで活用する可搬型給電器「パワー・ムーバー」の販売を8月から開始すると発表しました。

    この可搬型給電器「パワー・ムーバー」は、可搬型のV2L(Vehicle to Load)システムと呼ばれており、EVなどの電動車の駆動用バッテリーの電力を取り出して交流100Vの電源に変換する装置です。
    『「非常用電源やアウトドアに!?」EVなどから電気を取り出す可搬型給電器』の続きを読む


    2012102408533927614-1988454(1)
    (イメージ)

    (CNN) 中国からオーストラリアへ向かう国際便の機内で乗客が使っていた充電式のヘッドフォンが発火し、この乗客が顔や手にやけどを負う事故があった。オーストラリア運輸安全委員会(ATSB)が15日に明らかにした。
    『「ヘッドフォンから発火!?」北京発メルボルン飛行機内…乗客が顔に火傷』の続きを読む


    gigafactory-march-2016-video(1)

    【ラスベガス時事】米電気自動車(EV)大手テスラ・モーターズは4日、パナソニックと共同建設した米ネバダ州リノ郊外の巨大バッテリー工場で、リチウムイオン電池の量産を開始したと発表した。パナソニックにとっては、今後の成長が期待されるEV向け電池の生産拡大の大きな足掛かりとなる。
    『「コスト削減に貢献!?」テスラ・パナソニック…巨大バッテリー工場稼働』の続きを読む


    12681740009822263888

    渦中のGalaxy Note 7の裏で爆発事件が定期的に報告されているiPhoneですが、新たに動画を撮影している最中にiPhone7が爆発し、ユーザーの顔を傷つけるという事故が発生しました。 Galaxy Note 7に続いてiPhoneも? 【動画あり】
    『「中国ではiPhone7も爆発!?」動画を撮影中ディスプレイの破片が顔に』の続きを読む


    batteryChange(1)
    (File photo)

    国際宇宙ステーション(ISS)の主電源が全て日本製のリチウムイオン電池に切り替わることになり、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2日、鹿児島県の種子島宇宙センターで、今年度打ち上げ予定の無人補給機「こうのとり」6号機に積み込む準備作業を報道陣に公開した。
    『「日本製に切り替え!?」ISS用バッテリー…無人補給機に積み込み交換』の続きを読む


    no title

    時として科学は迷ったあなたを助けるコンパスの役割を果たします。

    今回は、ビタミンC不足には欠かせないレモンでバッテリーの作り方を学びます。準備するものは、
    銅クリップ、亜鉛の釘、ワイヤー、そしてスチールウール。【動画あり】
    『「こんな時はレモン!?」いざという時…科学の知恵で火を起こす方法』の続きを読む


    no title

    【シリコンバレー】米テスラ・モーターズが2017年に発売予定の電気自動車(EV)の普及モデルで、搭載するリチウムイオン電池をパナソニックが独占供給することが8日、わかった。両社が共同で資金を出して16年中の稼働をめざす米ネバダ州の電池工場で生産する。
    『「パナソニックが電池独占供給!?」テスラ…次世代EV用Li-ionバッテリー』の続きを読む


    2015_10_23_sato_nobuhiko_034_image_01

    夜遅く帰宅して暗い玄関先で鍵穴を探したりする際に備え、ちょっとした懐中電灯を持ち歩くと便利だ。しかし、油断していると、いざという時に電池切れで使いものにならないことがある。

    そこで、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中のバッテリ不要の永久LEDライト「Lumen」を紹介。 【動画あり】
    『「永久に使える!?」LEDライト…バッテリー不要、温度差で電気を得る』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.