10690961875_2dcf235517_z(1)
▲砂漠でも水が作れる?

カリフォルニア大学バークレー校とMITの共同研究チームは、太陽エネルギーを使って大気中から水を収集するデバイスを開発した

大気には、窒素や酸素などのほか、約1~4%程度の水蒸気が含まれており、地球全体におけるその総量は13兆リットルにのぼる。では、これら大気中の水を効率的に集め、貴重な水資源として生かすことはできないだろうか。【動画あり】 
『「画期的なデバイス!?」太陽光を使い大気中から水を収集する装置開発』の続きを読む