no title

アムステルダムのゴッホ美術館は、国内外の美術館、官公庁、文化施設、コレクターなどに有料でその「ノウハウ」を売る。この目的で、「ファン・ゴッホ・プロフェッショナル・サービス部門」を開設した。

同美術館は「これまで培ってきた経験やノウハウそしてサービスをアート市場で役立てることができる。」とし「ノウハウやサービスを販売することで、美術館が入場料以外の独自の収入を得ることが可能になる。」と語っている。
『「“ノウハウ”有料で提供!?」ゴッホ美術館…アート市場で役立つ情報を』の続きを読む