ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    ビッグフット


    no title

    2015年2月上旬、米国イエローストーン国立公園で「ビッグフット(北米の山中に生息するとされるヒトに似た毛深い未確認動物で、サスクワッチとも呼ばれる)」の姿を捉えたとされる動画がネット上で拡散して話題になった。そこで今回は、歴史的に有名な科学イカサマをいくつかご紹介したい。

    なお、この低画質の動画はまだ正式にはイカサマと判定されていないが、科学者も公園当局も、観光客や野生動物のいる公園内を未知の二足歩行動物がうろついている可能性はきわめて低いと言っている。 【動画あり】
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1424334953/
    1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 17:35:53.14 ID:???.net

    『「世間を欺いた6つの科学イカサマ!?」歴史的に有名な科学イカサマ』の続きを読む

    ダウンロード

    1: ダイビングフットスタンプ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/06/10(火) 10:10:27.33 ID:C/uoVCym0.net BE:532994879-PLT(13121) ポイント特典
    世界で最も恐ろしい怪物の一つ、ビッグフット。
    そのビッグフットがニューヨークで公開されました。

    公開イベントはワシントンのスクウェアパークで開かれました。
    除幕式に先立ち、広告にはこうルールが書かれていたそうです。

    「自己責任でお願いします。 心臓の悪い人はご注意ください。
     お子様の見学には大人の同伴が必要です。
     ビッグフットに関係するいかなる問題については責任を負えません。」

    また観客はビッグフットの檻から1m以内に近づかないこと、
    また餌をあげたり大声を出さないよう警告されていました。



    (※マウスカーソルを重ねるとモザイクが消えます。閲覧注意




    このイベントを成功させたジョーイ・スキャッグスさんは最後にこう言いました。
    「ビッグフットを信じてる?あなたは騙されやすい人なんですね。」
    今年初め、ビッグフットを捕えたとニュースになっていたリック・ダイアーは、
    そのビッグフットは偽物であったということを告白していました。 

    (詳細はソースにてご確認下さい)

    http://www.huffingtonpost.com/2014/06/07/bigfoot-tiny-tot-circus-n_n_5461278.html

    写真の人に代わって(*_ _)人ゴメンナサイ by ぶっ中身
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1402362627/

    『【UMA?】ビッグフットついに捕獲か?…ただし、いかなる問題についても責任を負えません』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.