ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    ピラミッド


    3430914355_f11f2c1236_b(1)


    エジプトで最大とされるピラミッドの内部に、これまで知られていない巨大な空間があることが、日本などの研究チームによる最新の調査で確認されました。まだ、見つかっていない王のミイラや副葬品が納められている可能性もあり、ピラミッドをめぐる謎の解明につながると注目されています。
    『「巨大空間見つかる!?」ピラミッド…日本研究チームの最新調査で確認』の続きを読む


    no title
     
    広大な海の上に浮くピラミッド。38ノット、時速70キロを超える速さで進むこの物体はロンドンの建築家が設計したスーパーヨットだ。 【動画あり】
    『「海に浮くピラミッド!?」奇抜スーパーヨット…ロンドンの建築家が設計』の続きを読む


    no title

    およそ4500年前に造られたエジプトのピラミッドの内部構造を調べている国際研究チームは、ピラミッドの表面の一部に周囲と温度の異なる場所を発見し、未知の部屋となる空間が存在する可能性もあると指摘しました。

    この調査は、謎に包まれているピラミッドの内部の構造をさまざまな技術を使って調べようと、エジプトと日本、それにフランスとカナダの4か国の研究チームが先月末から合同で進めているものです。
    『「表面に温度が異なる場所!?」クフ王ピラミッド…未知の部屋の存在か』の続きを読む



    no title

    日清食品は、同社グループの社員が「カップヌードル」を使った2つのギネス世界記録に挑戦する「Wギネス世界記録チャレンジ」を実施し、2つの新記録(「Largest packaged product pyramid」、「Fastest time to build a 20 instant noodle cup/bowl pyramid」)を樹立した。

    どちらの記録も、ギネスワールドレコーズ社からギネス世界記録として認定され、カップヌードルの44回目のバースデーである9月18日に公式認定証が授与された。 【動画あり】
    『「5万個のカップヌードル!?」高さ7.4mのピラミッドでギネス記録達成』の続きを読む


    no title

    このところISのイラクでの古代遺跡、博物館の展示品の破壊等の、人類文明に対する蛮行が世界中の話題をさらっていますが、どうやらことはメソポタミアにとどまらないようです。

    al qods al arabi net は、クウェイトの説教師のibrahim kandriとかいう男(何やら博士の称号もお持ちの模様)が、エジプトのスフインクスとピラミッドを破壊するのはイスラム教徒の正当な義務であると呼びかけたと報じています。
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1425987790/
    1: 野良ハムスター ★ 2015/03/10(火) 20:43:10.42 ID:???*.net

    『「スフィンクスとピラミッド破壊!?」イスラム原理主義…破壊呼びかける』の続きを読む


    no title

    エジプト政府は9日、首都カイロ近郊ギザにあるスフィンクスの足元のエリアを近く一般公開するのに先立ち、報道陣を招いて式典を開いた。また、ギザの三大ピラミッドの中で最も小さいメンカウラー王のピラミッドの修復が終了し、10日から約3年ぶりに公開することも明らかにした。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1415681269/
    1: ゆでたてのたまご ★ 2014/11/11(火) 13:47:49.93 ID:???.net

    『「スフィンクスの足元公開!?」足元エリアの修復が終了し一般公開へ』の続きを読む

    1: ぱぐたZφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/05/02(金)21:47:26 ID:CwdbCTCUt
    2.5トンの石をどう運んだのか? 考古学者と機械工学者を悩ませてきたピラミッド往年の
    謎がついに解明の時を迎えたようです…。アムステルダム大学研究班が辿り着いた回答は、
    実に灯台下暗しなものでした。


    ピラミッド建造方法については諸説ありますが、一番のネックは「摩擦」。
    古代エジプト人は岩を採石場から建造場所まで大きなソリに乗せて運んできました。
    ただの板切れで、端が上にくるんと曲がってる、何の変哲もない普通のソリです。


    でも、こういうソリに2.5トンの荷物を乗せて引っ張ると、どうしても砂にめり込んで、
    小さな砂山が前にできてしまいます。あんまり大きな山にならないうちに、いちいち砂を
    除けてやらないと、前には進めません。


    しかし、砂が濡れていたらどうでしょう? 
    そう、山はできません。

    砂を適度に湿らせてやると、「capillary bridges(毛細血管ブリッジ)」という、
    砂粒同士を繋ぐ毛細血管状の超微量の水滴…が砂に行き渡って、砂粒同士が2倍硬く
    なるんですね。それだとソリの前にも山ができないし、引っ張るのに必要な力も半分に
    なるのです。半分!


    〈中略〉

    言われてみれば、これってヴィクトリア朝時代に発見されたジェイホテプ墓
    (Tomb of Djehutihotep)にはエジプト中期王朝の王の巨像をソリに乗せて引っ張る
    奴隷の絵が残っていたんですが、そのソリの前の方には砂に水を撒く男がばっちり
    描かれているんですよお。


    ソース
    GIZMODO JAPAN
    http://yukan-news.ameba.jp/20140501-227/
    no title


    『【考古学】ピラミッドの石を運ぶ方法がついに解明』の続きを読む


    no title

    1: 名無しさん 2014/03/31(月)00:06:03 ID:oIezMR3MR
     トカナ読者のみなさんは、巨石遺跡のことをご存知だろうか? わかりやすいところではイースター島のモアイ像などだ。「誰が、一体何のために!?」…そのスケールの大きさから、どういった方法で作られたものなのか…謎だらけの遺跡が新たに注目を集めている。
    『巨人の存在を感じさせるような「超巨大遺跡」がシベリアで発見される』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.