ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    フィギュアスケート

    1: かばほ~るφ ★ 2014/02/26(水) 11:57:42.59 ID:???0
    浅田真央を“最悪のリンク”で調整させたスケート連盟の失態
    2月26日(水)0時0分配信

    自己ベストをマークした舞いに、「これが自分がやろうと思っていたこと」と、演技終了直後に
    頬を濡らした浅田真央(23)。敗れてなお、多くのファンの記憶に残る伝説を作った。
    その陰で、ソチへの最終調整の場に関して、浅田側とスケート連盟は揉めに揉めていた。

    「真央には、精神的にもっとも落ち着ける場所で最終調整をさせてあげたい」と、佐藤信夫コーチ(72)は、
    スケート連盟幹部に(練習拠点の)中京大リンクで調整したい思いを伝えたという。
    だが連盟は、ソチへ移動が数時間でできる隣国アルメニアのリンクを確保していた。

    そこで、浅田側と連盟の“対立”の間に、第三案として浮上したのが、浅田の振付を担当する
    タラソワコーチ(67)の口添えで、ロシア代表のソトニコワ(17)、リプニツカヤ(15)らと一緒に
    モスクワの「ロシア・ナショナル・トレーニングセンター」で最終調整をおこなうという案だった。

    しかし、この案にも連盟は首を縦に振らなかった。 結局、浅田は連盟に押し切られる形で、
    渋々アルメニアに向かった。

    「この決断が最悪だった。アルメニアのリンクの氷には砂が混ざっているうえにガタガタ。
    急遽、刃を研ぎ直す必要に迫られた。しかも空調設備が悪く、非常に寒かった。
    浅田は最終調整どころか、調子を狂わせてソチ入りした」(スポーツ紙記者)

    連盟による“妨害”はこれだけではない。現地の報道関係者を取材すればするほど、
    それは次から次へと噴出するのだ。

    「連盟幹部たちは、我々に対しても高圧的。取材させてやっているんだという態度で、少しでも
    気に食わないことがあれば、『何を書いているんだ』と取材パスを取り上げられた記者も過去にいたほど」
    (民放関係者)

    それは選手に対しても同様で、今回の男子代表選手にも勇気づける立場にあるはずなのに、
    心ない言葉を浴びせ、逆に追い込むようなことをしていたという。

    続きは>>2-5あたりに
    Yahoo!ニュース(女性自身)
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140226-00010005-jisin-ent
    カレン・デミルチャン・コンプレックス(アルメニア、エレバン) 
    no title

    『【五輪/フィギュアスケート】浅田真央を“最悪のリンク”で調整させた日本スケート連盟の失態』の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2014/02/21(金) 05:32:11.04 ID:???0
    佳菜子12位 悔しさ残った初の五輪「リベンジできればいいな」
    ソチ五輪フィギュアスケート女子フリー (2月20日)

    ソチの氷上で佳菜子スマイルが少しだけこぼれた。SP15位からの巻き返しに挑んだフリー。
    演技を終えた村上佳菜子(19=中京大)は、キス&クライで柔らかな表情を浮かべ、
    115・38点、トータル170・98点で12位という結果を受け止めた。

    「自分では全然、望んでいた演技はできなかった。ここで一番いい演技がしたかったので悔いが残る」。
    悔しさだけを口にした。冒頭の3回転―3回転を決めるなど実力の一端は見せたものの、
    納得はできなかった。

    前日(19日)に行われたSP。初めて体験する五輪独特の雰囲気にのまれた。
    得点は自己ベストに11・04点も及ばない55・60点。「五輪という試合の圧迫があって、
    圧倒された。気持ちが負けてしまった」と唇をかんだ。

    精神的に落ち込み、フリー当日の朝まで引きずっていたという。だが、必死に前を向いた。
    「最後なので思い切りやろうと切り替えました」。

    初めての五輪舞台。「自分が感じないプレッシャーを、オリンピックは感じるんだなと思った」。
    今後につながる貴重な経験をした村上は「リベンジできればいいなと思います」と、言葉に力を込めた。

    スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/02/20/kiji/K20140220007632390.html
    女子フリーの演技をする村上 Photo By 共同
    no title


    実況は実況板でお願いします http://headline.2ch.net/bbylive/

    『【五輪/フィギュアスケート】村上佳菜子、悔しさ残った初の五輪「リベンジできればいいなと思います」』の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2014/02/20(木) 11:06:23.18 ID:???0
    真央16位に佐藤コーチ「原因分からない」体調不良は否定
    「ソチ五輪・フィギュアスケート女子・SP」(19日、アイスベルク・パレス)

    集大成の五輪に臨んだ浅田真央(23)=中京大=は、全てのジャンプでミスが出て、
    今季自己ワーストの55・51点。まさかの16位と出遅れ、メダル獲得は厳しい
    状況に追い込まれた。

    バンクーバー五輪からの4年間、指導してきた佐藤信夫コーチは「練習するだけの
    ことはやってきた。原因はちょっと分からない。決して体調が悪いわけじゃないと思う」
    と、話した。これまで何度も大舞台を経験している真央だけに「これだけ経験豊富な選手。
    なぜこういう風になったのか分からない」と、首を振った。

    Yahoo!ニュース(デイリースポーツ) 2月20日(木)7時38分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140220-00000019-dal-spo

    no title


    『「原因はちょっと分からない!?」佐藤信夫コーチ…ミスが出た浅田真央について 体調不良は否定』の続きを読む

    1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/02/19(水) 15:02:33.20 ID:???0
    ソースは
    http://getnews.jp/archives/517511

    ソチ五輪は、日本時間の明日19日夜からフィギュアスケート女子が行われる。
    浅田真央や韓国のキム・ヨナ、ロシアのユリア・リプニツカヤが注目を集めると思われるが、
    現在ネットではキム・ヨナの高得点の謎についての漫画があちこちのまとめサイトなどで
    とりあげられるなどして話題になっているようだ。

    『ぶくぶく キムヨナ選手の疑惑』http://bukubukugame.blog.fc2.com/
    に掲載されているマンガ、ネットでは「銀河点」とも呼ばれるキム・ヨナが高得点を叩きだす
    「審判制度」や「表現力」について詳細に解説を行っている。

    ※ちなみに、「銀河点」の意味についてはYahoo!知恵袋の回答に
    「プルシェンコが、地球上で3アクセルを飛べる女子選手は真央だけと言って賞賛していて、
    3アクセルも4回転も飛べないキム・ヨナに真央を遥かに上回る得点が出たので、それはもう
    地球人の得点じゃないよねという皮肉を込めた意味です。」
    というベストアンサーがある。わかりやすい。

    一方で、日刊サイゾーには2月17日に
    キム・ヨナ八百長疑惑に荒川静香が反論!「ジャンプの浅田、芸術性のキム・ヨナ」は誤解!?
    という記事が掲載された。
    http://www.cyzo.com/2014/02/post_16159.html
    最近の『週刊文春』や『アサヒ芸能』などでキム・ヨナの高得点の“闇”についての記事がある
    一方で、トリノ五輪金メダリストの荒川静香さんの著書について触れ

    荒川は、1月に出版した『誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術』
    (朝日新書)で、現在の採点システムについて
    「技術と芸術が融合したフィギュアスケート本来の戦いに戻ってきた」
    「(よく「公平か」と質問されるが)ほとんどの場合、納得できるもの」と肯定。
    その上で、ネット上で叫ばれる“キム・ヨナ八百長説”に真っ向から反論しているのだ。

    としている。
    女子フィギュアスケートの観戦にあたり、上記の漫画や荒川さんの本を読んでおくのもいいかも。

    -以上です-

    『【フィギュアスケート】キム・ヨナの異常な高得点についての謎を解説した漫画がネットで話題に (ガジェット通信)[14/02/18]』の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/02/19(水) 14:09:51.97 ID:???0
    ヨーロッパのスポーツブックメーカー20カ所中18カ所が「フィギュアの女王」キム・ヨナのオリンピック2連覇に対して肯定的な評価を下していると明らかになった。

    ヨーロッパ内の色々なブックメーカーの配当情報を収集して伝える「オッズチェッカー」は19日、20業者のうち18がソチ冬季オリンピック女子フィギュアスケート出場者中、キム・ヨナの配当率を最も低く策定したと伝えた。
    配当率が低いほど優勝可能性が高いという意味だ。

    キム・ヨナは20業者で1.8倍~2.14倍の配当率を適用受け、最も低かった。ロシアの「フィギュアの妖精」ユリア・リプニツカヤが1.9倍から2.5倍を記録して後に続いた。

    国際舞台経験は少ないが、急激な技量向上を見せるところにホームアドバンテージが期待でき、優勝の可能性が高く評価された。
    特に「ビーウィン(Bwin)」はリプニツカヤに2.0倍、キム・ヨナに2.1倍を付けてリプニツカヤの金メダルの可能性をさらに高く見た。

    浅田真央は3.9倍~5.5倍で二選手に比べて顕著に高かった。
    公式競技で主な武器であるトリプルアクセルの試みをいつも失敗するなど不足した姿を見せるのが原因と解釈される。

    ベッティング金額基準ではリプニツカヤに全体ベッティング額中43.31%の掛け金が集まり最も高い関心を集め、キム・ヨナ(28.39%)と浅田真央、グレイシー・ゴールド(以上8.28%)等が後に続いた。 
    no title no title


    no title

    『【話題】欧州ブックメーカーオッズ・・・キム・ヨナ1.8倍~2.14倍、リプニツカヤ1.9倍~2.5倍、浅田真央3.9倍~5.5倍』の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/02/19(水) 11:27:40.58 ID:???0
    メダリストになるために一番カネのかかる競技は? やはりフィギュアスケートだ。

    トリノ五輪金メダルの荒川静香が「5歳でスケートを始めて金メダリストになるまでの20年間で2億円以上使った」と話したが、
    コーチの年間契約料1500万円、遠征費500万円、靴代150万円(30万円・年間5足)、
    衣装代120万円(30万円・年間4着)、振付師に1曲当たり100万円…。大げさな話でも何でもない。

    ちなみに賞金はスズメの涙。GPで優勝170万円、GPファイナルでも優勝240万円だ。

    用具でカネがかかるのがボブスレー。大田区の町工場40社が造った4人乗り「下町ボブスレー」が有名だ。
    制作費は1800万円ということになっているが、無償協力分も多く、実際には「2倍の3600万円は下らない」(関係者)。
    「年間遠征費1000万円と制作費の大半を寄付で賄い、個人出費はレーシングスーツ、シューズ、ヘルメットの計20万円ほど」(前出の関係者)

    ジャンプは国際大会を転戦すると年間600万円の経費がかかり、半分を選手が自己負担。W杯の優勝賞金は約100万円。
    3回優勝してトントンということになる。スキー板にビンディング、スーツにヘルメット、ゴーグルは各メーカーが負担する。そんなにカネはかからない。

    一方、安上がりなのがカーリング。ストーンは1セット16個で150万円前後と高価だが、選手個人が購入することはない。
    約6000円のブラシ、4000円前後のグラブ、専用シューズが3万円。計4万円でカーリングをやり始めて年間に1式ずつ新調し、
    5年後に五輪選手になれば「20万円」でメダリストも夢ではない。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140219-00000012-nkgendai-spo
    no title
                    by U.S. Army IMCOM

    『【話題】 一番カネのかかる競技は? 荒川静香 「5歳でスケートを始めて金メダリストになるまでの20年間で2億円以上使った」』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.