ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    フランス


    photo-retouchee-612x459(1)
    (イメージ)
    商業写真のモデルの体型を、フォトショップなどの写真加工ソフトを用いて修正した場合に、「photographie retouchee(修正写真)」というマークをつけることを義務付ける法律が、フランスで施行された。体型を細くしたり、肉付けしたりといった加工に適用される。「France24」など複数のメディアが報じた。
    『「写真修正は罰金!?」フランス…商業写真モデルの体型加工はマーク義務』の続きを読む


    32083102074_dc7e4f4341_c(1)

    【AFP】スーツケースを引きながら駅や空港で急いでいるとき、急にキャスターが左右にぐらついてスーツケースがひっくり返りそうになる──

    毎日、大勢の旅行者がこの問題に悩まされているが、なぜこういうことが起きるのか、これまで誰もその仕組みについて正確な理由を説明できなかったが、「スーツケースぐらつきシンドローム」とでも言うべきこの問題の解明に挑んだ研究論文が21日、英学術専門誌「英国王立協会紀要:数理物理学(Proceedings of the Royal Society A: Mathematical and Physical Sciences)」に掲載された。
    『「スーツケースぐらつき症候群!?」研究論文…仕組み・対処法ついに解明』の続きを読む


    panamaca(1)


    【AFP】コンテナ1万3000個以上を積載可能な大型コンテナ船「OOCLフランス(OOCL France)」が24日、パナマ運河を通過し、これまでに同運河を通過した最大の船となった。【動画あり】
    『「過去最大を記録!?」パナマ運河…1万3000個積めるコンテナ船が通過』の続きを読む


    nanocarace
    ▲ナノカー:1分子でできた世界最小の車

    【時事通信社】特殊な顕微鏡で分子の「車」を見ながら走らせる「ナノカーレース」が、フランス国立科学研究センターの主催により初めて仏トゥールーズで開かれた。

    日本代表の物質・材料研究機構チームは日本時間28日午後6時の開始後間もなく、コンピューターソフトのトラブルで車が壊れる事故が発生。レースは30日午前0時までで、代わりの車での走行を試みた。
    『「100nm先に走り終たら勝ち!?」日本チームは開始直後に事故で苦戦も』の続きを読む


     

    仏北西部の港町サン・マロから、再生可能エネルギーのみを動力とした船「エナジー・オブザーバー」が世界一周へ向けて出航します。 【動画あり】
    『「再エネ船で世界一周!?」太陽光、風力、水から電気分解…仏から出航』の続きを読む


    robocashier(1)
    ▲じゃ、ロボットで (イメージ)

    セルフレジは人々の未来をプラスに導くのか。

    2017年1月、仏大手スーパーマーケット「オーシャン」の労働組合CFDTは、仏北部リール近郊、同北西部シェルブール、パリ北西部セルジー・ポントワーズの3旗艦店舗において、セルフレジの増加に反対するデモを行った。
    『「セルフレジ増加でデモ!?」フランス…“合理的”か“雇用が減る”のか』の続きを読む


    4488826_6f061c99ec_z(1)
    ▲あっ!
     
    【AFP=時事】仏中部で10日、キャットフード40トンを積んでいたトラックが車1台と衝突し、高速道路に缶詰が散乱する事故が起きた。この事故で2人が軽傷を負ったほか、8キロにわたって渋滞が発生し、道路は半日以上にわたって封鎖された。
    『「“猫缶”40トン散乱!?」仏高速道…トラックが衝突事故で半日封鎖』の続きを読む


    wattwayimage(1)
    (イメージ)

    仏ノルマンディー地方の田舎に、世界初の太陽光発電道路Wattwayが開通しました。


    区間はトゥルーヴルからペルシュに至る約1km、約2800m2。太陽電池を埋め込んだ道路としては、2014年にオランダで開通したSolaRoadがありますが、あちらは荷重の小さな自転車用の道路。フランスで新たに開通したWattwayは自動車用道路として世界初を名乗ります。
    『「世界初ソーラーロード開通!?」仏“Wattway”…太陽光発電道路検証へ』の続きを読む


    remi_gaillard(1)

    保護施設にいる約300匹の犬がすべて引き取られるまで、同じケージの中で暮らすことにしたコメディアンがいる。

    フランスのいたずら仕掛け人/コメディアンのレミ・ガイヤールさんが、保護施設にいる約300匹の犬がすべて引き取られるまで、または5万ユーロ(約579万円)の募金が集まるまで、保護犬と同じケージで生活するプロジェクトを行った。 【動画あり】
    『「ケージの中で暮らす!?」仏コメディアン…保護犬全て引き取られるまで』の続きを読む


    scorpene(1)


    オーストラリアン紙は25日、オーストラリアとフランス政府系造船会社「DCNS」が共同開発する次期潜水艦に、大量の機密情報流出が明らかになったDCNSのスコルペヌ級潜水艦の一部技術が採用されると、開発担当者が共同開発決定前にシンクタンクのウェブサイトで指摘していたと報じた。
    『「豪次期潜水艦、詰んだ!?」流出した技術を一部採用して建造することに』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.