ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    フロリダ州


    pinky-the-flamingo(1)


    【タンパ(米フロリダ州)ロイター】 - 米フロリダ州タンパの動物園で2日夜、ダンスが得意なフラミンゴ「ピンキー」が囲いの外から手を伸ばした男に地面に投げつけられ、致命傷を負ったため、安楽死させられた。地元警察が3日発表した。 【動画あり】
    『「全米が涙!?」安楽死へ…米人気フラミンゴ観客に投げつけられ致命傷』の続きを読む


    no title

    米フロリダ州のセントルーシー原子力発電所近くでスキューバダイビングをしていた男性が同原発の取水管に吸い込まれたものの、原発敷地内にある池にたどり着いて助かる騒ぎがあったことがこのほど分かった。

    原発の運営企業フロリダ・パワー・アンド・ライトによると、取水管の直径は約4.9メートル、長さは約400メートルで近くの海底まで伸びている。毎分約50万ガロン(約1893キロリットル)の海水を取り込んでいる。
    『「原発取水管に吸い込まれる!?」米ダイバー…敷地内の池で無事に助かる』の続きを読む



    no title
    出典:Facebook

    鉄格子や接合部などを必死に傷つけながら脱獄を図ろうとする受刑者たち。映画で見かけるそのようなシーンをまさに実践していた男が米フロリダ州の刑務所にいた。

    しかも鉄窓はほぼ破られ、脱獄まであとわずかのところで見つかったという。 
    『「毛布とハミガキで!?」米で脱獄未遂…手口はひたすら磨く磨く磨き切る』の続きを読む


    4087835467_54b4784155_o
    (イメージ)
     
    写真家リチャード・ジョーンズ氏が最近、アメリカ・フロリダ州の森林で面白い画面を捉えた。

    森林でアライグマを撮影していたときに、撮影されているのに気づいて驚いて逃げ出したアライグマが立ち止まったところがちょうどワニの背中だった。写真家がその瞬間をキャッチしたのだ。 
    『「リアル因幡の白兎!?」あらま!…アライグマがワニの背中に乗り川渡る』の続きを読む

    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/08/22(金) 13:27:22.13 ID:???0.net

    no title

     米フロリダ州セントピーターズバーグにあるスターバックスで20日から、客が自分の後に来店した別の客にコーヒーをおごる行為がブームになり、2日間で750人が他人にコーヒーをおごったという。





    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1408681642/

    『「Pay it forward」スタバで他人にコーヒーをおごる行為がブーム?』の続きを読む

    no title

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2014/06/15(日) 04:52:41.76 ID:???0.net
    (CNN) 米南部フロリダ州ベロビーチでトラック底部の構造部品の隙間に入り込み、
    走行中も潜み続けていたとみられる子ネコが助
    け出される出来事がこのほどあった。

    思わぬ「客」を見付けたのはエランド・フレーザーさん(50)。5月下旬、自宅外に
    止めたピックアップトラック周辺でネコの鳴き声を聞
    いたのがきっかけだった。ただ、
    どこにいるのかわからず、何の動物なのかもわからなかったという。

    このためネコ用の餌の缶詰を開けて、タイヤ1個の下に置き、近くにカメラを据えて正体
    を見付ける仕掛けを施した。翌朝、餌はなく
    なっていたが、ビデオ画像には何も映ってい
    なかったという。


    気のせいと思い、釣りに出掛けたが、運河に到着した時、再び鳴き声を聞き取った。そこで
    道具箱を取り出して金属用カッターでトラ
    ック底部の車体の一部を切断。中をのぞき込んで
    みると、フレーザーさんを見つめる子ネコがいた。

    no title

    フェイスブックで救出劇を知り、フレーザーさんのトラック修理代への協力の申し出も複数
    あった。同事務所は修理代を募る特別基金も創設。余ったお金は、「ミーガン」と似たような
    苦境に陥っている動物を助けるフレーザーさん名の特別基金に回す計画だ。
    フレーザー夫妻は共に疾患を抱え、フレーザーさんは目の病気である「加齢黄斑変性」を患っ
    ているという。妻のシンディさんは多くの支援が寄せらたことに感動していると感謝。トラッ
    クは2人が持っている唯一の車だが、金銭的な余裕がなく修理は思い付かなかったと述べた。
    その上で、トラックの事を心配してもらうより、人々が他の動物を助けるため動物保護団体に
    献金して欲しいと願っている。
    s034320356

    ※記事の一部を引用しました。全文及び参考画像等は下記リンク先で御覧ください。

    2014.06.14 Sat posted at 17:47 JST
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35049405.html 

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1402775561/

    『【米国】自家用車から猫の声が…思い切って車体切断、子猫救出』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.