no title

世論調査の結果、アメリカ人の45%が第2次世界大戦における日本への原爆投下に関する同国の決定を支持し、20%のみがこの決定を間違っていたと評価しています。

分析サイト・ナショナル・インターポストは、日本の戦後70年の報告の中で、核兵器の発明と第2次世界大戦でのアメリカによるその使用の決定についての調査機関ユーガブによる最新の世論調査を取り上げています。
『「原爆投下は正しかった!?」米人の半数…原爆に関する同国の決定を支持』の続きを読む