ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    プラズマ


    5882175977_7e888b834c_z(1)

    岐阜大次世代エネルギー研究センター長の神原信志教授(55)=化学工学=が、アンモニアを原料に水素を製造する装置の試作機を開発し、21日、「実用化のめどが立った」と発表した。

    プラズマを用いることで触媒を使わずに常温で高純度の水素をつくり出せるのが特長で、燃料電池に利用可能なことも確認した。産業・家庭用の発電機や自動車への利用を視野に入れており、2020年までの製品化を目指す。
    『「水素時代に光!?」アンモニアから短時間で水素製造できる装置…岐阜大』の続きを読む


    fusion2

    仙台市太白区にある三神峯(みかみね)公園は、500本を超えるサクラの名所として知られる。「東北大学電子光理学研究センター」は、同公園に隣接した緑の中にある。2つの加速器を備えるなど、原子核物理の研究センターとして50年の歴史を刻んでいる。

    2015年4月、同センターに「凝縮系核反応共同研究部門」が新設された。「凝縮集系核反応」とは、金属内のように原子や電子が多数、集積した状態で、元素が変換する現象を指す。 

    『「再評価が加速!?」低エネルギー核反応…“再現成功”特許として成立』の続きを読む


    13027146284_3e6113df3f_z
    by Moyan_Brenn

    北極圏の空にオーロラが現れる夜、どこからか不思議な音がかすかに聞こえてくるという。

    実際にそれを耳にしたことのある人は、オーロラの輝きが頂点に達するほんの数分間、ラジオの雑音にも似た、パキパキ、サラサラ、シューシューという小さな音を聞いたと証言している。地元では長い間、単なる言い伝えにすぎないと考えられてきたが、フィンランドの科学者らがこのほど、音は実際に存在することを証明し、発生原因についても有力な説を提示した。
    『「オーロラから音が!?」解明…輝きが頂点に達する時聞こえる不思議な音』の続きを読む


    no title

    金星探査機「あかつき」を利用した観測から、太陽から離れた場所でガスが加熱され、太陽風が加速されるメカニズムが明らかになった。
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1418928251/
    1: Mogtan ★@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 03:44:11.29 ID:???.net

    『「ケガの功名!?」軌道投入失敗した探査機“あかつき”で太陽風観測』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.