no title
(イメージ)

札幌市南区の民間動物園から8月21日に逃げたペリカン1羽は、31日夕方の時点で依然行方が分かっていない。 脱走の背景には、天井に覆いを設けず、鳥類の自然な生態を見せる展示方法の難しさがある。


3年前に同じようにフラミンゴ1羽が逃げた旭山動物園(旭川市)は再発防止のため、鳥が飛ぶのに必要な風切り羽を切る手入れを徹底した。専門家は「鳥は逃げやすく、特に適正な管理が必要」としている。
『「逃亡10日目…!?」ノースサファリ札幌…ペリカンのクンちゃんどこへ』の続きを読む