ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    ペルシャ


    6780842951_11d38d3c8a_z
    ▲ペルシャ湾の夕暮れ
     
    奈良市の平城宮跡で出土した「天平神護元年」(765年)と記された木簡に、ペルシャ人の役人とみられる「破斯清通」という名前があったことが5日、奈良文化財研究所の調査で分かった。

    「破斯」はペルシャを意味する中国語の「波斯」と同義で、国内の出土品でペルシャ人を示す文字が確認されたのは初めて。外国人が来日した平城宮の国際性を示す史料となりそうだ。
    『「平城宮にペルシャ人が!?」765年に記された木簡にペルシャを示す文字』の続きを読む

    1: ( ´`ω´) ★@\(^o^)/ 2014/07/26(土) 12:23:42.08 ID:???.net
    ■奈良・古墳出土のガラス椀、ペルシャの高級品の可能性

    no title

    奈良県橿原市の新沢千塚(にいざわせんづか)古墳群の126号墳(5世紀後半)で出土
    した円形の切り子ガラス碗(わん、重要文化財)がササン朝ペルシャ(226~651年)の遺跡で発見されたガラスのうち、5~7世紀に流通した高級品とほぼ同じ化学組成であることが分かった。東京理科大の阿部善也助教(分析化学)らが蛍光エックス線分析で明らかにした。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1406345022/

    『「高級品の可能性!?」古墳出土のガラス椀…ササン朝ペルシャ製か』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.