ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    ボブスレー


    no title

    この冒険好きのネコは家族が雪の中を楽しんでるのを見て仲間はずれにされたくなかったのか、自らソリで斜面を滑り降りてみせた。

    米ヴァージニア州の猫「ニンジャ」(2歳)が自らそりに乗ってゲレンデを滑る様子を飼い主が撮影、YouTubeに投稿して、メディアにも取り上げられている。 【動画あり】

    『「ボブスレーにゃー!?」猫(2歳)がそり滑りを覚える…米バージニア』の続きを読む


    no title

    「下町ボブスレー」と名付け、東京・大田区の町工場のグループが開発している競技用のそりが、映画のモデルにもなった南国ジャマイカの代表チームに採用され、両者が共同会見を開いて、正式に発表しました。

    両者は今後新型のそりを開発し、再来年に韓国で開かれる冬のオリンピックを目指します。
    『「下町ボブスレー!?」クールランニング…ジャマイカチームに採用される』の続きを読む

    1: 伊勢うどんφ ★ 2014/02/20(木) 08:13:18.46 ID:???i
    雪が降らないカリブ海の国、ジャマイカからソチオリンピックに出場し、最下位に終わったボブスレーの代表チームを応援する歌が世界中で人気を集めています。

    ジャマイカのボブスレー代表チームは1988年のカルガリー大会で初めて出場して話題となり、映画「クールランニング」のモデルにもなりました。
    今回、12年ぶりとなるソチ大会に出場し、最下位に終わったものの、映画の再来として注目を集め、
    中でもジャマイカ政府の観光局がチームを応援しようと制作した歌は動画投稿サイトの閲覧回数がこれまでに84万回を超えるなど、世界中で人気が高まっています。

    「ボブスレーの歌」と名付けられたこの歌はジャマイカ特有のレゲエのリズムとともに1980年代のビデオゲームに似せたアニメーションや競技の映像を織り交ぜ、
    「最高速度で突っ走れ」と歌っています。

    ジャマイカ代表チームは今回、ソチまでの旅費が捻出できず、選手みずから支援を呼びかけて日本円で1300万円余りを集め参加にこぎ着けましたが、
    その後も悪天候のためソチへの到着が遅れたり、競技に使う用具が入った荷物が届かず初日の練習ができなかったりと不運が重なりました。

    しかし、代表選手の1人は「いろいろなことがあったが人生で楽しくないことなんてないさ」と陽気に話していました。

    2月19日 10時29分 NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140219/k10015352721000.html

    no title




    『【五輪】ジャマイカのボブスレー代表選手「人生で楽しくないことなんてないさ」』の続きを読む

    1: THE FURYφ ★ 2014/02/14(金) 16:42:55.77 ID:???0
    ソチ冬季五輪、ボブスレーの練習が行われたスライディング・センター・サンキ(Sliding Center Sanki)で
    13日、そりが作業員と衝突する事故が起きた。作業員の男性は両足を骨折したと伝えられている。


    ボブスレー男子2人乗りの公式練習に先がけ、コース状態確認のためにこの日最初に走らせたそりが
    作業員に衝突した。

    各国メディアが集まるミックスゾーンで事故直後に公開された映像には、救急救命士とボランティアが
    コースに倒れた男性を運び出す様子が記録されていた。

    その後、ソチ五輪役員は最終カーブの終わりとゴールラインの間で事故が発生したことを発表。また、
    公式練習の開始には遅れが出た。

    男性の容態については明かされていないものの、主催者側は「作業員が負傷し、救急ヘリコプターで
    病院まで搬送された」とする声明を出している。また、そりのスタート前に警告信号が発せられたにも
    かかわらず、作業員がコース内にとどまっていたことについては原因調査中としている。

    http://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140214-00000052-jij_afp-spo


    no title

    『ボブスレーのそりが作業員と衝突、両足骨折の重傷か』の続きを読む

    1: THE FURYφ ★ 2014/02/11(火) 13:03:38.16 ID:???0
    ソチ冬季五輪で困難に遭遇する競技があれば、金メダルは間違いなくボブスレー米国代表の
    ジョニー・クイン(Johnny Quinn)さんに輝くことだろう。

    クインさんは、選手村のバスルーム内に閉じ込められ、力づくでドアを壊して脱出してから2日後、
    今度はエレベーターに閉じ込められてしまった。

    再びトラブルに巻き込まれる前、クインさんは米国のメディアに引っ張りだこになりながら、
    バスルームに閉じ込められた時、いかに己の腕力だけでドアに大きな穴を開けて脱出を
    図ったのか説明していた。

    この話題はインターネットで大きな話題になり、選手村やマスコミの宿泊施設の基準に対して
    厳しい注目が集まっていた。

    それから数時間後、クインさんはツイッター(Twitter)の自身のアカウントで、「誰も信じないと
    思うけど、僕たちはエレベーターに閉じ込められてしまった」とつぶやいた。

    クインさんと一緒にいて、次はエレベーターの使用を避けると思われるチームメートが撮影した
    写真には、再び渾身の力を使ってドアをこじ開けようとしている彼の姿があった。

    ボブスレーの競技が始まる前から、ソチ五輪で華々しいデビューを飾ったクインさんに対して、
    「彼が次の冒険に遭遇するのは、いったいどこか? 」という問いが集まっている。

    その答えは、クインさんのツイッターアカウント@JohnnyQuinnUSAをフォローしていれば
    分かるかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140211-00000010-jij_afp-spo
    no title

    『ボブスレー米国代表、今度はエレベーターに閉じ込められる』の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2014/02/09(日) 16:11:02.17 ID:???0
    ボブスレー米代表、選手村のバスルームからドア壊し脱出
    2月9日(日)14時22分配信

    【AFP=時事】ソチ冬季五輪のボブスレー米国代表、ジョニー・クイン(Johnny Quinn)さん(30)が8日、
    選手村のバスルーム内に閉じ込められ、力づくでドアを壊して脱出した。

    クインさんは短文投稿サイト「ツイッター(Twitter)」の自身のアカウントで、「シャワーを浴びていたら、
    ドアが開かなくなった。助けを呼ぶ電話もなかったので、ボブスレーを押すトレーニングを利用して脱出した」
    と説明し、「#SochiJailBreak(ソチ脱獄)」のハッシュタグを付けた。

    クインさんはさらに、手荒い脱出によって大きな穴が開いた、どちらかといえば薄っぺらなドアの画像も
    投稿した。破壊されたことで、ドアの粗末な作りが余計に露呈した形だ。

    クインさんは今回の五輪で、ボブスレーの男子2人乗りと4人乗りの2種目に出場する予定。
    以前にはアメフトのワイドレシーバーとして活躍し、NFLのバッファロー・ビルズ(Buffalo Bills)や
    グリーンベイ・パッカーズ(Green Bay Packers)、カナディアンフットボールのサスカチュワン・
    ラフライダーズ(Saskatchewan Roughriders)でプレーした経験を持つ。

    ソチの宿泊施設をめぐっては基準について批判が出ているものの、メディアの関心は完成が予定より
    遅れた客室が多い点に集中している。
    写真は https://twitter.com/JohnnyQuinnUSA/status/432080704776962048 で見ることができる。
    【翻訳編集】 AFPBB News

    Yahoo!ニュース(AFP=時事 )
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140209-00000044-jij_afp-spo
    参考画像 no title

    『選手村のバスルーム内に閉じ込められたボブスレー米国代表のジョニー・クイン選手、ドアを破壊して脱出』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.