1: 伊勢うどんφ ★ 2014/02/20(木) 08:13:18.46 ID:???i
雪が降らないカリブ海の国、ジャマイカからソチオリンピックに出場し、最下位に終わったボブスレーの代表チームを応援する歌が世界中で人気を集めています。

ジャマイカのボブスレー代表チームは1988年のカルガリー大会で初めて出場して話題となり、映画「クールランニング」のモデルにもなりました。
今回、12年ぶりとなるソチ大会に出場し、最下位に終わったものの、映画の再来として注目を集め、
中でもジャマイカ政府の観光局がチームを応援しようと制作した歌は動画投稿サイトの閲覧回数がこれまでに84万回を超えるなど、世界中で人気が高まっています。

「ボブスレーの歌」と名付けられたこの歌はジャマイカ特有のレゲエのリズムとともに1980年代のビデオゲームに似せたアニメーションや競技の映像を織り交ぜ、
「最高速度で突っ走れ」と歌っています。

ジャマイカ代表チームは今回、ソチまでの旅費が捻出できず、選手みずから支援を呼びかけて日本円で1300万円余りを集め参加にこぎ着けましたが、
その後も悪天候のためソチへの到着が遅れたり、競技に使う用具が入った荷物が届かず初日の練習ができなかったりと不運が重なりました。

しかし、代表選手の1人は「いろいろなことがあったが人生で楽しくないことなんてないさ」と陽気に話していました。

2月19日 10時29分 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140219/k10015352721000.html

no title




『【五輪】ジャマイカのボブスレー代表選手「人生で楽しくないことなんてないさ」』の続きを読む