ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    マイクロ波


    jaxa(1)

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、宇宙空間で太陽光エネルギーをマイクロ波やレーザー光に変換後、地球に伝送して電力として利用する「宇宙太陽光発電システム(SSPS)」の要素技術の実証試験に成功したと発表した。

    宇宙と地上との間のレーザー発振を模擬し、地上と高さ200メートルの実験棟の屋上で電力を伝送、飛行ロボット(ドローン)を飛ばすことに成功した。SSPSの実用化は2030年代以降と当面先だが、エネルギー問題解決につながる重要な一歩だ。
    『「要素技術の実験に成功!?」JAXA…宇宙太陽光発電システムへの第一歩』の続きを読む


    no title

    米航空宇宙局(NASA)は、推進剤を使わずに宇宙空間での加速が続けられる新型推進機関「EMドライブ」のテストに成功した。

    EMドライブを使うと月までは4時間、火星まで10週間で到達可能となる。既存技術では数十万年かかるアルファ・ケンタウリ(地球から約4.3光年)への宇宙旅行も100年まで短縮できる。
    『「月は4時間火星は10週!?」EMドライブ実験成功…宇宙旅行を劇的短縮』の続きを読む


    no title
    file photo

    中部電力が、電子レンジなどに利用されるマイクロ波を使ったコーヒー豆の焙煎技術を開発したことが19日、分かった。まろやかでコクのあるコーヒーを抽出できる。
    『「まろやかでコクがある!?」中部電…マイクロ波を使った焙煎技術を開発』の続きを読む


    bento2

    上智大学の堀越智准教授は、弁当のおかずなどを部分的に温められる電子レンジ技術を開発した。

    サラダや漬物などはそのままで、ご飯やおかずを温められるようになる。狙った部分にマイクロ波を当てる技術を活用した。家電メーカーなどとの連携を視野に、2020年までの製品化を目指す。
    『「漬物は温めないで!?」部分的にマイクロ波を当てる電子レンジ技術開発』の続きを読む


    no title

    JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、宇宙で発電した電力を、地上に送電する研究を進めている。

    まず、宇宙空間で太陽光パネルを用いて発電し、その電力を、電子レンジで使われるマイクロ波などに変換して、地上に送電する。
    そして、そのマイクロ波を地上の施設で受け、電力に再変換して、エネルギー源として使う構想。JAXAは8日、地上での実証実験を行った。 

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1425808795/
    1: coffeemilk ★ 2015/03/08(日) 18:59:55.88 ID:???*.net

    『「電気を無線で送る技術!?」実証実験に成功…技術確立を目指す JAXA』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.