ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    メタン


    91(1)
    ▲温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」

    国立環境研究所などは2日、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」が2009年に観測を始めて以降、地球大気全体のメタンの平均濃度が増加傾向にあると発表した。今年1月には過去最高を記録。

    二酸化炭素(CO2)に比べ約25倍も温室効果があるメタンが、地球温暖化の進行に影響している実態が明らかになった。
    『「メタンが過去最高!?」地球大気中の濃度上昇…温室効果はCO2の25倍』の続きを読む


    10952074264_2687c65c91_z(1)

    昭和シェル石油は5日、独自の人工光合成技術で、水と二酸化炭素(CO2)からメタンなどの炭化水素を直接合成することに成功したと発表した。燃料電池などに使うガス拡散電極を用い、CO2を気体のまま反応させる。

    電極に独自の金属触媒を使った結果、太陽光エネルギーを0・71%の効率で炭化水素へ変換できた。植物の光合成の変換効率と同水準。2030年までにメタンなどの製造技術の確立を目指す。
    『「人工光合成でメタン!?」昭和シェル…新技術、変換効率は植物と同じ』の続きを読む


    dam-emissions-petit-saut-reservoir(1)

    世界に約100万あるダムの貯水池から排出される温室効果ガスの総量は、二酸化炭素(CO2)換算で年約8億トンとの研究結果を、米ワシントン州立大のチームが16日までにまとめた。世界の温室ガス排出量の1.3%に相当するという。
    『「8億トンの温室効果ガス!?」世界のダムから排出量1.3%相当のメタン』の続きを読む


    15897926001_09dc242663_z(1)

    石炭から直接、天然ガスの主な成分であるメタンを作り出す菌を発見したと、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の研究チームが13日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。
    『「石炭からメタン!?」天然ガスの成分であるメタンを作り出す菌を発見』の続きを読む


    blog_import_50b60b065cc5e(1)

    夕張市で15日、地下の石炭層に大量に含まれるとされる天然ガス「炭層メタンガス(CBM=コールベッドメタン)」の試掘が始まった。

    同市清水沢清陵町の現場では高さ約30メートルのやぐらが組まれ、地下950メートルまで掘り進めるための機材が設置された。鈴木直道市長が「試掘開始」を合図した。
    『「炭鉱跡地で天然ガス!?」夕張市…石炭層に含まれるメタンの試掘開始』の続きを読む


    no title

    米航空宇宙局(NASA)とミシガン大などの研究チームは「火星の大気中のメタン濃度が変動しているのは、微生物の活動が原因の可能性がある」との分析結果をまとめ、16日、米科学誌サイエンス(電子版)に発表する。 
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1418786634/
    1: ドラゴンスリーパー(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/12/17(水) 12:23:54.93 ID:k41b33MD0.net

    『「火星に微生物がいる可能性!?」NASA…大気中のメタン濃度が変動』の続きを読む

    360px-Shoyuudon
    讃岐うどん - wiki

    1: トト◆53THiZ2UOpr5 2014/05/05(月)10:48:40 ID:jfPhKm4Do
    【話題】「うどん発電」香川で始動[05/05]

    「うどん発電」香川で始動 廃棄分利用しメタンガス
    2014.5.5 05:00

     全国的に人気が広がる讃岐うどんを前面に押し出し「うどん県」
    を掲げる香川県。食べ残しのうどんから「ご当地エネルギー」をつ
    くろうという取り組みが高松市で始まった。「うどん発電」が香川
    県の新たな名物になるかもしれない。

     高松空港周辺に広がる田園地帯を走る車窓から、緑色のタンクが
    目に入った。機械メーカーちよだ製作所が開発したうどん発電プラ
    ントだ。4月から本格的に送電を始めた。

     工場の一角に鎮座するタンク内をのぞくと、粘り気を感じさせる
    茶色い液体が、ぷつぷつと泡立っている。「メタン発酵装置からガ
    スが発生しているところ」。案内してくれたのは同社の技術開発担
    当の尾崎哲夫氏。

     興味を持って見学に来る人がいるだろうと、特別にタンクに窓を
    付けた。視察に訪れる地方自治体関係者などが絶えないという。

     「うどんを食べ過ぎるとカロリー過多になると指摘されているが、
    中にエネルギーを多く含んでいる証拠。捨てるのであれば、利用し
    ない手はない」と同社の池津英二社長。


    ※全文はSankeiBizでご覧下さい
    http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/140505/cpd1405050500004-n1.htm
    no title
    ▲「うどん」からバイオエタノールの生成過程

    この時出るカスに水を加えメタンガスを発生させる
     

    cpd1405050500004-p1
    ▲メタンガスを作るタンク=高松市のちよだ製作所

    『【話題】「うどん発電」香川で始動』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.