ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    メディア

    no title

    1: 声なき声に力を ★ 2014/05/28(水) 21:03:18.25 ID:???.net
     NHKがこのほど公表した「第9回 日本人の意識(2013)」調査(PDF)によると、この
    10年で人々のメディア接触のあり方が大きく変化していることが分かった。ふだんの生活
    の中で欠かせないコミュニケーション行動として、「携帯電話・スマートフォンを使う」
    と「インターネットの利用」が激増する一方、「本を読む」ことを挙げる人も初めて増えた。

     調査は、NHKが日本人の生活や意識の変化を探るため、73年から5年ごとに実施してい
    る。9回目となる今回は、全国の16歳以上の国民5400人が対象。方法は個人面接で、有効
    数は3070人(56.9%)だった。

     「ふだんの生活の中で欠かせないコミュニケーション行動」として最も多いのは、相変わ
    らず「テレビを見る」(81%)、同率で「新聞を読む」(63%)、「友人と話をする」(63%)。
    以下、「携帯電話・スマートフォンを使う」(56%)、「インターネットを利用する」(38%)、
    「本を読む」(36%)の順となっている。 

     今や情報収集にはネットが欠かせないものとなり、若者を中心に「活字離れ」が批判される
    ようになった。新聞を読む人も減っている。ただ、「読書」を楽しむ層は一定割合いるようだ。


    (詳細はソースにてご確認下さい)
    http://www.zaikei.co.jp/article/20140528/195851.html


    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1401278598/

    『【調査】意外な結果?人々のメディア接触度「テレビ」減、「ネット」増、「読書」同率』の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/03/24(月)07:56:46 ID:3BqhqPzNV
    ドイツのTV放送Klage TVはMEIDENと題した番組の中で、
    ウクライナ首都キエフにおける騒乱を批判的に検証した「自称平和デモ隊のテロ行為」なる映像を紹介した。

    映像では、「キエフにおける出来事(治安機関と抗議勢力の抗争)をあたかも平和なデモ市民による平和な抗議行動として描いた西側メディアのウソを暴くときが来た」との主張が展開される。いわく、これまでドイツのメディアで言われてきた、「ヤヌコーヴィチは警察に命じてデモ市民に発砲した」という説はウソである。

    アナウンサーは次のように強調した。「こうした映像はこれまで西側メディアには取り上げられてこなかった。
    しかし、実情はこのように、武装していない警官たちが、興奮状態で石や火炎瓶を投げる群集を懸命に抑えていたのである」。

    番組「MEIDEN」をロシア語に吹き替えたもの
    http://www.youtube.com/watch?v=fKx_b9DU8AU#t=83


    ロシアのメディア報道よりキエフ騒乱の様子
    http://www.youtube.com/watch?v=v9pTmVxG3BI



    キエフで起こったことは何だったのか、 それを理解するのに翻訳は不要だ。
    ヤヌコーヴィチは血のにおいのする独裁者などではなかった。 デモは平和なものでなどなかった。
    西側メディアは真実を伝えてはいなかったのだ。

    VOR

    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_23/270077747/
    no title

    『【ウクライナ】独TV、西側メディアのウソを告発「自称平和デモ隊のテロ行為」』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.