ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    モスクワ


    no title

    ごみの問題に悩む海外の都市を支援するため、東京23区のごみ処理を行う組合などは、施設の運転管理や分別回収などごみ処理の一括したノウハウをロシアのモスクワに輸出する取り組みを始めることになりました。

    東京23区のごみ処理を行う組合によりますと、モスクワではごみの分別が不十分なうえ、焼却施設も不足していて、大半のごみがそのまま処分場に埋め立てられるなど、ごみの処理が大きな課題になっています。
    『「ごみ処理をモスクワに!?」東京都…運営など一括したノウハウを輸出』の続きを読む


    no title

    【モスクワ時事】冬は氷点下20度を大きく下回るロシアのモスクワで、保護された捨て猫などの新たな飼い主を探す「猫カフェ」の1号店がオープンした。

    日本の猫カフェを模した内装で、物珍しさに予約が取れないほどの人気。店側は猫と人間の幸せな共生社会を夢見ている。 【動画あり】
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1430635205/
    1: キャップが欲しくて ★ 2015/05/03(日) 15:40:05.25 ID:???.net

    『「モスクワに猫カフェ!?」一号店開店…里親探しなど人との共生を目指す』の続きを読む

    1: TwilightSparkle ★ 2014/10/16(木) 17:45:48.77 ID:???.net

    ダウンロードmosa
    ▲男性ならつい見とれてしまうようなデザインといえば...

     ロシアの首都モスクワのある広告会社は移動広告という概念を宣伝するため、小型トラックを利用して移動広告の宣伝を行った。だが、ポスターの内容が魅惑的なため、1日に500件以上もの交通事故があった。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1413449148/

    『「気持ちはわかるけど…!?」トラックのポスターが原因で事故500件以上』の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2014/04/26(土)07:16:24 ID:2ZOLpgYvW
    ロシアにエドワルド・スノーデン氏の名を冠したジャーナリス
    ト賞が誕生した。

    ロシアのラジオ局「モスクワのこだま」のアレクセイ・ヴェ
    ネディクトフ局長が25日明らかにしたところによると、
    スノーデン氏は新たな賞に自分の名が使われることに異を唱えて
    おらず、賞の選考審査員になる可能性もある。


    一部抜粋 原文はこちらから
    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_04_26/snowden-roshia/


    『【国際】 ロシアにジャーナリストに贈られるスノーデン賞が誕生』の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/03/22(土)11:43:28 ID:dEKOkdiBs
    テレビ局「モスクワ郊外」の報道によれば、モスクワ郊外北東部にあるバラシハで地元市民によってガソリンスタンドを散歩しているライオンの子どもが目撃された。

    ガソリンスタンドの社員によれば、ライオンの子は付近の工場長にペットとして飼われている。

    飼い主は、ライオンの子は恵まれた環境で飼育されており、ほかに何も必要とはしていないと主張したものの、地元民が注視するため、結局は手放さざるを得なくなるものと見られている。

    ライオンの子は付近を自由に歩き回り、人になれているため、撫でることもできるという。ただし住民の中にはライオンの出現を極度に怖がる声もあげられている。

    ▼動画
     http://www.youtube.com/watch?v=og_UDMhgLv0



    ▼以下ソース
     http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_18/269764409/
    no title

    『「ちょっと大きい猫だよね!」 モスクワ郊外で自由に散歩する子ライオンが目撃される』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.