ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    リスク


    no title

    【AFP=時事】サウナに定期的に通っている男性は、それほど頻繁に行かない男性に比べて長生きし、突然の心臓発作で死亡する確率も低いとの調査結果をまとめた研究論文が、23日の米国医師会雑誌(内科学)「Journal of the American Medical Association Internal Medicine」に掲載された。

    寒さが厳しいフィンランドでは、サウナ通いは広く行われており、良好な健康状態とくつろぎをもたらすと考えられている。 
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1424749201/
    1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 12:40:01.63 ID:???.net

    『「サウナ通いで寿命延長!?」頻繁に通う人は心臓リスクが低くなる傾向』の続きを読む

    no title

    1: Cancer ★@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 06:47:52.21 ID:???.net
    認知症リスク、喫煙者は2倍 九州大、住民調査で判明

    朝日新聞2014年6月8日(日)23:22

     たばこを吸う高齢者は、吸わない人に比べて、認知症になる危険が2倍に高まる――。
    福岡県久山町の住民を対象にした九州大学の調査で、こんな結果が出た。喫煙の認知症
    への影響を示した日本人での研究は珍しいという。福岡市で開かれる日本老年医学会学
    術集会で14日に発表される。

     研究チームは、1988年に健康診断を受けた65歳以上で認知症がない住民712人
    (当時の平均年齢72歳)を15年間続けて調査した結果、202人が認知症と診断され
    た。たばこを吸わない、吸っていたがやめた、吸うの3群に分け、認知症になった割合を
    比べた。

     吸う群は、吸わない群に比べて発症リスクが2倍だった。また、吸っていたがやめた
    群と、吸わない群ではリスクに差がなかった。チームは、禁煙が認知症の発症リスクを
    下げる可能性が示されたとみている。

    ソース:朝日新聞/gooニュース(2014年6月8日)
    認知症リスク、喫煙者は2倍 九州大、住民調査で判明
    http://news.goo.ne.jp/article/asahi/life/medical/ASG665SV5G66ULBJ00P.html

    参考:第56回日本老年医学会学術集会 日程表 6月14日(土)
    http://www2.convention.co.jp/56jgs/timetable/pdf/timetable_0614.pdf (PDF)

    参考:九州大学大学院医学研究院環境医学分野
    http://www.envmed.med.kyushu-u.ac.jp/index.html


    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1402264072/

    『【疫学】認知症リスク、喫煙者は2倍 九州大、住民調査で判明』の続きを読む

    no title

    1: 今北産業◆7vLC6nP7hI 2014/05/15(木)10:52:05 ID:6q8MuUD56
    <三行で>
    ・小言が多いパートナーを持つ男性の寿命について研究したのは、デンマークの
    コペンハーゲン大学の研究チーム
    ・口うるさいパートナーを持つ男性は早期死亡の確率が増大!
    ・ストレスは、心臓疾患や免疫力の低下、高血圧といった健康問題を誘発し早期死亡
    の原因になるのだという


    ソースはこちら……

    【衝撃研究結果】ガミガミと小言が多いパートナーを持つと「男性は中年期に死亡する
    危険性が大幅にアップする」ことが判明
    http://rocketnews24.com/2014/05/15/440970/

    >>2以降に続く

    『奥さんのガミガミで旦那は早死!? 「小言」で早期死亡の確率増大』の続きを読む

    11892679423_0259ea6a10_z
    by Just Ard

    1: 兄者P提督◆oVQwBwg15o 2014/05/01(木)11:29:52 ID:6BawHDRf9
    【4月28日 AFP】コーヒーを飲む量を増やした人は、同じ量のコーヒーを飲み続けている
    人よりも成人で発症する糖尿病(2型糖尿病)にかかりにくくなるとする研究結果が、
    25日の欧州糖尿病学会(EASD)の学会誌「ダイアビトロジア(Diabetologia)」に
    掲載された。

     研究チームは医療従事者12万人の食生活とライフスタイルを追跡した結果、
    1日のコーヒーの摂取量を4年間かけて1.5杯分ほど増やした人は、同じ量の
    コーヒーを飲み続けた人よりも2型糖尿病にかかる可能性が11%低かったという。

    「さらに中程度(摂取量中央値)から大幅に摂取量を減らした人(1日2杯分ほど)
    のリスクは
    18%高くなっていた
    ことも研究チームは明らかにしている。

    論文を分析した専門家らは、同研究が短期的な利点を評価したに過ぎず、長期的な
    コーヒー摂取量の増加が糖尿病リスクを低減させる根拠を示していない ...とも




    詳細は引用元でどうぞ↓(引用元:AFP)
    http://www.afpbb.com/articles/-/3013584


    『【健康】コーヒー消費量増で糖尿病リスク低減か 欧州糖尿病学会』の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/03/03(月) 10:16:08.43 ID:???0
    酒飲みに肝臓疾患はつきもの。先日も元女流棋士でタレントの林葉直子(46)が重度のアルコール性肝硬変で死を覚悟していることを明かし話題になった。
    百薬の長も過ぎたるは……か。

    一昨年、ドイツ・グライフスヴァルト大学医学部疫学・社会医学研究所所長のウルリッヒ・ジョン(Ulrich John)氏らの研究で
    アルコール依存者は喫煙者よりも寿命が短く、寿命も平均より20年ほど短いとの発表があった。

    肝硬変はあらゆる慢性肝疾患が原因で進行した末期症状。肝疾患の原因はアルコールが主流。
    そして完治の治療法は肝移植。林葉さんの言う末期なら5年ももたないと言われているし、アルコール依存症の平均寿命は、52歳とも言われている。

    林葉さんの原因も29歳の時に世間を騒がせた不倫騒動がきっかけとなったお酒の飲み過ぎ。
    また、ともに52歳で亡くなった石原裕次郎や美空ひばりさんの死因も多量の飲酒による肝硬変とも言われている。

    東京・中野で渡辺医院を開業する渡辺莞爾院長(59)はこう言う。
    「人間の復元力はすごいものです。あきらめることはない。代謝をよくすることで細胞を賦活させる。まず食べ過ぎを戒めることです」 

    すなわち、朝食抜き、週に1度のミニ断食で身体の機能回復を図ることが予防や回復につながりそうだ。
    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_20941

    ロシア男性の25%が55歳未満で死亡・・・原因は「ウォッカ」
    http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/03/vodka-russia-men-death_n_4720645.html

    【芸能】元女流棋士でタレントの林葉直子(46)、重度の肝硬変を告白「いつ死んでもしょうがない感じ」★2
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393003096/

    『【研究】 アルコール依存者は喫煙者よりも寿命が短く、平均寿命も平均より20年ほど短い52歳・・・ドイツ・グライフスヴァルト大学』の続きを読む


    11063306326_68e263d1e1_z


    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/31(金) 19:31:56.39 ID:???0
    ★早死にの一因はウオツカ、ロシア男性25%が55歳までに死亡=調査
    ロイター 1月31日(金)15時56分配信

    ロシア人男性のうち、55歳を迎える前に死亡する人が4分の1に上り、死因の多くはウオツカなどのアルコールに関連していることが、英オックスフォード大学などの調査で明らかになった。

    調査チームは15万1000人を対象に、ウオツカの摂取量や喫煙の有無などを最長10年にわたって調べた。このうち約8000人は調査期間中に死亡したという。調査結果は医学誌ランセットに掲載された。 
    『「早死にの一因はウオツカ!?」ロシア男性25%が55歳までに死亡=調査』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.