ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    ロボットアーム


    ashura(1)

    自分の2本の腕に加え、背中から生えたもう2本の腕を自由に操って電話をかけたりハンダづけの作業を行うロボットアームの映像が話題になっています。


    「MetaLimbs」と名付けられたこの装置は、体の後ろに装着した2本のロボットアームを自分の意志で操ることが可能な装置。 【動画あり】

    『「背中からもう2本の腕!?」ロボットアームを操って電話やハンダづけ』の続きを読む


    roboarm(1)

    三菱重工業は25日、東京電力福島第1原発の廃炉に向けて開発中のロボットアームを神戸市の工場で報道陣に公開した。

    開発は国の廃炉事業の一環。遠隔操作して、事故で溶け落ちた核燃料(溶融燃料)を砕いて取り出すことを目指している。 【動画あり】

    『「ロボットアーム公開!?」三菱重工…“廃炉”溶融燃料を砕いて取り出す』の続きを読む


    7232548364_e5c888578b_z
    ▲ロボティック・アーム (イメージ)

    日本の宇宙輸送船「こうのとり」の5号機が国際宇宙ステーションに接近し、24日午後7時半前、宇宙ステーションに滞在している日本人宇宙飛行士の油井亀美也さんがロボットアームで「こうのとり」をキャッチすることに成功しました。

    現在、ドッキングに向けて、「こうのとり」をロボットアームで引き寄せる作業が続けられています。
    『「“こうのとり”キャッチ成功!?」ISS油井さん…ロボットアームを操り』の続きを読む

    1: ぱぐたZ~再生篇◆rTMtvE7.Bc 2014/03/30(日)22:09:28 ID:lHdWUzAk5
    ★【技術】パワードスーツやロボットアームを装着した人たちによるオリンピック「サイバスロン」開催へ

    "サイバー義体者のオリンピック「サイバスロン」開催へ"

    パワードスーツやロボットアームを装着した人や、
    ブレイン・コンピューター・インタフェースを操縦する人たちによる
    オリンピック「Cybathlon」が、2016年にスイスで開催されることになった。

    「バイオニック・アスリート」たちのオリンピック
    「Cybathlon」(サイバスロン)が、2016年10月にスイスで開催されることになった。
    Cybathlonは、ロボット技術などを用いた高度な補装具を装着する
    障害者スポーツ選手たちが競う選手権だと、大会のウェブサイトには書かれている。
    主催するのは、スイス国立コンピテンスセンター・ロボティクス研究所
    (NCCR Robotics:Swiss National Competence Centre of Research in Robotics)だ。

    さまざまな分野にわたって、数多くの競技が用意されている。
    動力付き人工膝、着脱可能な人工腕、強化外骨格、電動車椅子、筋肉電気刺激装置、
    および最新型のブレイン・コンピューター・インタフェース(BCI)等のジャンルだ。

    どの競技も面白そうだが、特に筆者の目を引いたのは、
    ブレイン・コンピューター・インタフェースを使ったレースで、
    パイロットが頭の中でレース用アヴァターをコントロールするものだ。

    (以下省略)

    no title

    2014.3.28 FRI
    http://wired.jp/2014/03/28/cybathlon/
    Cybathlon Trailer
    https://www.youtube.com/watch?v=AvKHrDXvUsM


    CYBATHLON 2016
    http://www.cybathlon.ethz.ch/

    『【技術】パワードスーツやロボットアームを装着した人たちによるオリンピック開催へ』の続きを読む

    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/03/15(土) 23:43:34.08 ID:???
    コンピューター将棋ソフト5種とプロ棋士5人が戦う、第3回将棋電王戦の
    第1局が15日、東京・江東の有明コロシアムで指され、ソフト「習甦(しゅうそ)」
    が98手で菅井竜也五段を破った。昨年行われた第2回電王戦は、プロ棋士側が
    1勝3敗1分けと負け越し。雪辱を期すプロ棋士だったが、黒星スタートとなった。

    デンソーが提供した産業用ロボットアームがソフトの指示に従い、盤上の駒を動かした。

    先手の菅井五段は得意の中飛車戦法で臨んだが、習甦は先手の攻めに手厚く対応。
    先手の大駒を圧迫してじわじわと中央を制圧し、押し切った。菅井五段は終局後、
    「力を出せなかったというより、うまく指されました」とソフトの強さをたたえた。

    第2局の佐藤紳哉六段対ソフト「やねうら王」戦は22日に東京・墨田の両国国技館で
    指される。

    ●第3回電王戦でコンピューターソフト「習甦」に敗れた菅井竜也五段。
     左は指し手役を務めたロボットアーム
    no title


    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1502J_V10C14A3CR8000/?dg=1

    ◎関連スレ
    【機械/販促】デンソー、プロ棋士とコンピュータが戦う『将棋電王戦』にロボットアームを提供 [03/12]
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1394611140/


    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1394894614/ 『【話題/IT】デンソーのロボットアームが活躍--将棋『将棋電王戦』第1局、プロ棋士がコンピュータに敗れる [03/15]』の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/21(金) 17:20:02.18 ID:???0
    ★超高性能ロボットアームが卓球で世界王者と対戦
    (2014/2/21 06:00)

    来たる3月11日、産業用ロボットを手がける独KUKAの高性能ロボットアーム「KR QUANTEC」が、
    世界チャンピオンのティモ・ボル氏と卓球で勝負する。

    このイベントは、3月11日に同社が上海に初の工場を竣工することに併せて行なうもの。
    対戦に使われるKR QUANTECは、過般能力120kg、追加荷重50kg、最大リーチ3901mm、軸数6、
    反復精度±0.06mmというスペック。本来は、機械の積み込み/積み下ろし、レーザー溶接
    などに使われるものだが、その俊敏で正確な動作を活かし、人間とガチンコで卓球の勝負を行なう。

    これまで、チェス、将棋、そしてクイズといった知能的な分野ではコンピュータが人間相手に
    白星を挙げた例はあるが、スポーツの世界では勝負自体あまり例がないのではないかと思われる。
    ロボットを迎え撃つボル氏は、2011年世界ランク1位になった正真正銘の世界王者だが、予告動画
    では、KR QUANTECが器用に同じ動作でラケットとボールを操って、ボル氏を挑発すらしており、
    勝負の行方は蓋を開けるまで分からない。

    http://www.youtube.com/watch?v=_mbdtupCbc4

    http://www.youtube.com/watch?v=nwupK0ljVWQ


    『【話題】超高性能ロボットアームが卓球で世界王者と対戦』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.