ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    ロボット


    no title

    中国・北京郊外のお寺。僧侶の指示に従って回転したり歌を歌ったりするのはロボットです。黄色いけさを着た「ロボット僧」で、もちろん、お経を読むこともできます。
    『「ロボット和尚さん!?」お経を読んだり回転もできるすごいやつ…中国』の続きを読む


    720b933029460c35acaa68641e1182c4
    (イメージ)

    2012年に東京大学情報理工学系研究科・情報システム工学研究室(JSK)から独立・創業し、2013年11月にGoogleに買収されたヒト型ロボットの開発を行う日本企業「SCHAFT」が、2016年4月8日に日本で行われた新経済サミット2016(NEST2016)の中で開発中の二足歩行ロボットを公開しました。【動画あり】
    『「独自構造で安定感抜群!?」Googleが買収したSCHAFTのロボット初披露』の続きを読む


    no title

    これが映画「ターミネーター」の最初のシーンだったとしても、不思議じゃないくらい、出来すぎたエピソードです。

    先日CNBCで放送された、Hanson Robotics社の「感情を表現するロボット」ソフィアとの対話が、話題を集めています。

    ソフィアは2015年4月に起動(誕生)した、人間と対話できるAIロボット。62種類の表情とアイコンタクトを通じ、人間と自然な会話ができます。 【動画あり】

    『「私は人類を滅亡させます!?」まさかの発言…人と対話できるAIロボット』の続きを読む


    no title

    ドミノ・ピザが、世界初の商業用無人自動運転宅配ロボット「DRU(Domino's Robotic Unit)」を発表しました。実際にピザを注文した家庭に無人でピザを届ける宅配テストが開始されています。

    DRUは、本体上部にピザを入れるためのコンテナを備え、4輪のタイヤで走ってピザを届けるロボット。どことなく映画「ウォーリー」のウォーリーとイヴが合体したような見た目をしています。 【動画あり】
    『「無人宅配ロボ!?」豪ドミノで活躍中…足回りは軍用技術オーブン搭載』の続きを読む


    no title
    (イメージ)

    独ダイムラーが、自動車工場の生産ラインからロボットを撤去し、人力での生産へとシフトしています。

    時代に逆行しているのでは? とも思える現象ですが、その理由は「増え続けるオプションにロボットが対応しきれないから」という、現代的な理由です。
    『「ロボットから人!?」メルセデス…生産ラインをロボット中心からシフト』の続きを読む


    no title

    九転び十起きも? グーグル傘下の米ボストンダイナミクスが映像公開

    グーグル傘下の米ボストンダイナミクス(Boston Dynamics)による人型二足歩行ロボット「アトラス(Atlas)」が大幅に進化を遂げたようだ。

    ユーチューブに23日、動画が公開された。DARPAロボティクスチャレンジ(DRC)で使われた以前のアトラスに比べると、動きが格段に滑らかになり、かつ歩行のバランスが良く、
    安定しているように見える。【動画あり】 
    『「棒で突かれても自立!?」人型ロボ“アトラス”雪の不整地も難なく歩行』の続きを読む


    no title

    【AFP=時事】米国の科学者チームは、わずかな隙間を身をよじって通り抜けることができるゴキブリに着想を得た小型ロボットを考案した。

    このロボットが、地震、竜巻、爆発などのがれきの中に取り残された人々の捜索活動の助けになる日が来るかもしれない。 
    『「ゴキブリに着想!?」捜索活動に…隙間をすり抜ける小型ロボットを開発』の続きを読む


    no title
    ▲No! 今TVいいとこ...  (イメージ)

    人間の音声命令に対して、リスクを感じると「NO」と拒否する最新ロボットが話題になっている。

    マサチューセッツ州のタフツ大学・HRIラボラトリーのロボットエンジニアであるゴードン・ブリッジズ氏とDr.マティアス・シュウツ氏が、安全性にリスクを感じる場合には人間の命令を拒否するロボットを開発した。 【動画あり】
    『「No!と拒否するロボット!?」人の音声命令にリスクを感じると拒否する』の続きを読む


    no title

    電動工具メーカーのマキタがシャープと共同開発した業務用ロボット掃除機を発売し、話題になっています。ネット上では、「マキタルンバ」と呼ばれ、「強そう」、「威圧感がすごい」、「かっこいい」などと好意的なコメントが並んでいます(「ルンバ」はアメリカのアイロボット社の登録商標です)

    国内の家庭用ロボット掃除機市場で圧倒的なシェアを持つと言われるルンバにはどのような影響があるのでしょうか?
    『「ルンバに青い衝撃!?」電動工具のマキタ…業務用“マキタルンバ”投入』の続きを読む


    no title
    ▲はいてますよ!

    完全なる米国製のこのロボットは、『アイアンマン』などのマーベル・コミックの映画に登場するキャラクターのように見えるかもしれない。だが実際には、火星への宇宙飛行において活躍するはずのロボットだ。

    身長約1.83m、体重約132kgの「R5」(別名「Valkyrie:ヴァルキリー」)と呼ばれるこの人間型ロボットは、もともとNASAジョンソン宇宙センターが、災害用に開発したものだ。
    『「火星を目指す人間型ロボット!?」“ヴァルキリー”…NASAとMITが開発』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.