ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    中国


    490f9efee65bcba590946b4b2be13778-600x400(1)
    ▲天津市街地に墜落し黒煙をあげる「殲-10」

    中国軍のステルス戦闘機「殲-10(J-10)」が、天津の公園に墜落したのではないかとの情報が、現場写真とともに中国のミニブログ微博で出回っている。


    伝えられる目撃情報では、この「J-10」は9月28日、鳥との衝突によりエンジン故障が起きて、天津の武清南湖公園の芝生に墜落した。パイロットはパラシュートで脱出したという。

    新浪微博に流通している画像から、公園の奥で黒い煙が上がっているのが確認できる。
    『「天津にドーン!?」目撃…中国軍の戦闘機“殲-10”天津の公園に墜落か』の続きを読む


    96c0008abf53e8309d1(1)

    大気汚染が深刻な北京市近郊の公園に、「世界最大」をうたう空気清浄機の塔が登場した。オランダのデザイナーらが中国政府の環境保護部門と協力して作った。

    高さは約7メートル。エコエネルギーを使って1時間に3万立方メートルの空気を吸い込み、塔周辺の大気を浄化できるという。
    『「“真面目にやれ”の声も!?」中国…高さ7m世界最大の空気清浄機出現』の続きを読む


    wKhTlVfmCJuEHYrEAAAAAN5ZHv0981(1)

    世界で最も標高の高い自動車用トンネルが中国の青海省に建設された。高さは海抜4.4キロ。土曜、新華社通信が伝えた。 
    『「エンジン回るの!?」中国…海抜4400m世界一標高の高いトンネルが貫通』の続きを読む



    中国で700年の歴史を持つ万里の長城の一画をコンクリートで塗り固めて補修した写真が21日の地元メディアに掲載され、非難の的になっている。

    問題の遊歩道は遼寧省と河北省の境界付近にある。ニュースサイトの新浪によると、地元自治体の文化財局の指示により、壁をコンクリートで覆って塗り固めた。この区画は傷みがひどく、一般の立ち入りが禁止されていたという。
    『「歴史が押し潰された!?」中国“万里の長城”ずさんな補修に非難殺到』の続きを読む


    Rem5QWZUVJIrLGlnKx7-qg___tmp_11_166_

    お隣・中国で一瞬とも言える時間内に、衝撃の事故が起きてしまった。一言で表すと「発車3秒で即ボカン」。人気のSUV車が、発進直後に爆発したというのだ。その様子は監視カメラの映像に収められていた。 【動画あり】
    『「アクセル開けたら3秒でボカン!?」中国…走行中のクルマが謎の爆発』の続きを読む


    tesla-china-fatal-crash-2(1)

    また中国で「自動運転」による死亡事故が発覚したようで、「自動運転」の開発競争に警鐘を鳴らしているように感じます。 【動画あり】

    『「“自動運転”による死亡事故か!?」中国の高速道路で清掃車に突っ込む』の続きを読む


    15479249693_d19c0cddda_z(1)

    2016年9月12日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本では至る所で錦ゴイを見ることができると紹介する記事を掲載した。

    記事は、島根県津野和町、岐阜県白川郷、岐阜市内、岐阜県養老町、皇居東御苑、京都の大原野神社、吉峰寺、南禅寺にいる錦ゴイなどの写真を紹介。日本では至る所で錦ゴイを見ることができると伝えた。
    『「みんな捕られる!?」至る所で錦鯉が見られる日本に…中国ネットの反応』の続きを読む


    002324a0b89c193ee18f1e(1)

    中国・雲南省で水面からの高さが世界でもっとも高い橋の建設が進められていて、10日に両岸からの橋が接続された。

    雲南省の北盤江大橋は深い谷の上に建てられた橋で、地元メディアによると谷を流れる川からの高さは565メートルで、高層ビルに換算すると200階建ての高さに相当するという。
    『「高さ565m!?」中国雲南省…“世界一高い”北盤江大橋の両岸が接続』の続きを読む


    maxresdefault(1)


    世界でたった1機が今でも稼働し、今年5月には物資の輸送もこなしていた世界最大の輸送機「An-225 ムリーヤ」。

    250トン以上のペイロードを誇るこのとんでもない輸送機の技術に関する権利と生産が、ウクライナのアントノフ航空から中国企業の中国空域産業集団に移転されるもようです。
    『「無理なことはない!?」ムリーヤ…世界最大の輸送機を中国へ生産移転』の続きを読む


    brahmos-missile_650x400_81446897895(1)


    インドと中国が領有権を争いインドが実効支配している印北東部アルナチャルプラデシュ州に、インド政府が超音速巡航ミサイル「ブラモス」(射程約290キロ)を初めて配備することを決め、中国が猛反発している。

    両国関係は最近、核関連物質・技術の輸出を管理する原子力供給国グループ(NSG)へのインドの参加に中国が反対したことなどにより、ぎくしゃくした状態が続いており、安全保障をめぐっても険悪な空気に包まれ始めている。
    『「国境に超音速巡航ミサイル!?」印度“軍近代化の一貫”…中国は猛反発』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.