ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    中央アジア


    no title

    現代のイヌの起源は中央アジア――。5000匹以上の犬を対象にしたこれまでで最も詳細な遺伝子調査にもとづく結論を、米コーネル大学の研究チームが米国科学アカデミー紀要(PNAS)に発表した。

    イヌは何千年にもわたり人間の手で品種改良が重ねられた結果、他のどの動物よりも種類が多様だ。


    しかしその祖先は野生のオオカミで、おそらくモンゴルやネパール周辺で、狩りをする人間の集団によって次第に飼いならされ、人間と行動を共にするようになったとみられている。
    『「起源は中央アジア!?」現在のイヌの起源が遺伝子調査で判明…米調査』の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2014/06/06(金)11:08:50 ID:hpWfmrdXF
    2014年6月4日、新疆ウイグル自治区のタリム盆地にある古墓群で発見された2本の
    パンツは、今から3300年前の世界最古のもの
    である可能性が出てきた。揚子晩報が
    伝えた。


    タリム盆地の洋海(ヤンハイ)古墓群で発見された2本のパンツは、3枚の布から作
    られており、装飾的な模様が施されている。腰の部
    分は縄で固定するようだ。長い
    年月で布の傷みは激しいが、パンツ
    としての外見はほぼ完璧に保たれている。


    (詳しくはソースをご確認下さい)
    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1402020530/

    『【発見】世界最古のパンツ発見 中央アジアで3300年前の遊牧民騎手のものとされる』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.