ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    人工知能


    33916629095_2b9c4abdbb_z(1)
    (イメージ)
    映画「her/世界でひとつの彼女」では、ある男性が自分のOSに恋をして、物語が展開する。現実には、将来人々が人工知能(AI)システムと恋愛関係を築きたいと思うかどうかは分からない。

    だが、自分の快適な生活のために頼る程度にはAIシステムを愛し、信頼する日が来ると考える人は多いようだ。
    『「ペットのような存在に!?」未来のAI…ユーザーが抱くAIへの信頼度』の続きを読む


    8384110298_da510e0347_z(1)

    人工知能(AI)に関する特許出願数が最も多い企業はどこだろうか。

    データ分析会社アスタミューゼ(2006年-2016年間の統計)によれば、ワトソン開発元である米IBMが3049件で1位。第2位はマイクロソフトの1866件、第3位グーグル979件となっている。

    上記3社が「AI三強企業」となると、現時点での「AI大国ナンバー1」は米国と言えそうだ。ただこの“称号”は今後、中国によって取って代わられる可能性がある。

    『「巻き返しなるか!?」存在感の薄すれる日本“AI大国”米国に迫る中国』の続きを読む


    aiai(1)

    米Microsoftは5月1日(現地時間)、人工知能について約3分で解説した動画をYouTube上に公開した。

    動画では、男性がWindows 10 Mobileスマートフォンに向けて「ヘイ、コルタナ」(コルタナ:Microsoftの音声アシスタントAI)と呼びかけることでコルタナとの会話がスタートする。【動画あり】
    『「3分で分かる人工知能!?」米MS…A.I.について解説した動画を公開』の続きを読む


    16438532088_ea5daba6f7_z(1)

    人工知能(AI)を駆使して、閣僚らの国会答弁の下書きを作成することができるのか、経済産業省がこんな実験を近く始める。

    過去5年分の国会会議録をAIに学習させ、政策課題や論点をまとめさせることを想定。行政機関でのAI普及につなげる考えだ。
    『「AIが国会答弁!?」経産省…人工知能駆使して実験的に答弁の下書き作成』の続きを読む


    185748852-88f7ad31-6eb7-49c3-8189-a6ad5fdc5e1f

    イスラエルの研究チームが、人工知能に「スーパーマリオ」をはじめスーパーファミコンのさまざまなゲームを学習させた。対戦格闘ゲーム「モータルコンバット」では、AI同士に競わせて学習させることにより、AIは人間の成績を上回ったという。
    『「達人を超える!?」人工知能(AI)…“格闘ゲーム”で人の成績を上回る』の続きを読む


    2910926682_c729809ede_z(1)
    (イメージ)
    Googleの傘下にあり、驚異的学習能力をそなえた人工知能を開発するDeepMind社の研究者を含めたグループは、AIが人間のコントロールを拒否し、あるいは人間を害することを止めるための「非常ボタン(big red button)」を開発したことを発表しました。

    その研究成果はSafely Interruptible AgentsというPDF文書にまとめられ、ウェブサイト上で公開中です。
    『「“非常ボタン”開発!?」グーグル…人工知能の人間への反逆抑止のため』の続きを読む


    4002625709_7d4b22da40_z(1)
    (イメージ)
     
    グーグルの訓練されたニューラルネットワークである人工知能が初めて作曲した作品が、Moogfestイベントで、米国時間で1日、披露された。Tech Timesが伝えた。

    グーグルの科学研究プロジェクト「Magenta」は、機械は果たして絵を描き、音楽を作曲できるかという課題に答えることを、その目的にしている。 【動画あり】
    『「AIが作曲!?」グーグルの人工知能…初めて90秒のメロディーを作曲』の続きを読む


    no title

    自動運転の開発競争が激しさを増すなか、アメリカのIT企業グーグルと大手自動車メーカー、フィアット・クライスラーとの技術提携の交渉が大詰めを迎えているとアメリカの大手メディアが伝え関心を集めています。

    これは、アメリカの有力な経済紙ウォール・ストリート・ジャーナルが28日、関係者の話として電子版で伝えたものです。
    『「大手自動車メーカーと提携!?」グーグル自動運転…技術提携交渉大詰め』の続きを読む


    no title

    これが映画「ターミネーター」の最初のシーンだったとしても、不思議じゃないくらい、出来すぎたエピソードです。

    先日CNBCで放送された、Hanson Robotics社の「感情を表現するロボット」ソフィアとの対話が、話題を集めています。

    ソフィアは2015年4月に起動(誕生)した、人間と対話できるAIロボット。62種類の表情とアイコンタクトを通じ、人間と自然な会話ができます。 【動画あり】

    『「私は人類を滅亡させます!?」まさかの発言…人と対話できるAIロボット』の続きを読む


    no title

    小説を書く人工知能の開発を目指す研究プロジェクトの報告会が21日、東京で開かれ、実際に人工知能を使って書かれた小説が紹介されました。

    このプロジェクトは人工知能を使ってSF作家、星新一さんの作風を受け継いだ新作の小説を生み出すことを目指して4年前から進められています。
    『「人工知能が小説執筆!?」 匿名で“星新一賞”に応募…一次選考通過』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.