ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    佐村河内

    1: リバースパワースラム(東日本) 2014/02/10(月) 17:53:22.50 ID:SiEzJ4GL0 BE:41820427-PLT(15073) ポイント特典
    昨年6月、アエラは佐村河内(さむらごうち)守氏(50)に対し3時間に及ぶロングインタビューをした。
    心を動かされた部分は確かにある。だが、どこか腑に落ちなかった。そして、違和感の数々――。
    掲載は見送った。取材当時のことを振り返る。

    それまで威厳のある語り口であったが、このときだけは薄ら笑いを浮かべるように話したことが、印象深く、
    鮮明な記憶として残っている。

    こんな逸話も披露してくれた。
    2001年頃のことだ。オーストリアのウィーンにあるベートーヴェンの墓に参ったという。墓前で彼はこう言った。

    「ベートーヴェン先生、僕は障害も職業も、先生と一緒です」
    すると、天空からベートーヴェンの声が降りてきた。

    「違う。俺とお前は違う」
    「何が違うんですか」
    「作品のレベルと格が違う。障害と職業が一緒であろうが、俺とお前は違う。出直してこい」

    ショックを受け愕然とし、けれどこれがバネとなり交響曲第1番を書き上げたという。事実は小説より奇なり、だ。
    もし偽りがないのなら、私たちにはわからない高い次元での話ということになる。

    取材後、多角的な記事にしようと複数の関係者に当たってみると、思わぬ展開が待っていた。

    「佐村河内氏の話のどこまでが本当なのか、甚だ疑問だ」
    「クラシックでは時折、過去の作品をモチーフに作曲することがあるが、彼の作品はバッハやベートーヴェン、
    マーラーなどの影響が色濃く、オリジナリティーに疑問がある」
    「お金にうるさい」
    「本当は全聾ではなく、聞こえているのかもしれない」
    こうした指摘を受け、本誌は記事の掲載を見送った。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140210-00000009-sasahi-ent
    no title
                                                                                                         by deadwords

    『佐村河内氏、ベートーヴェンと会話していた 掲載見送った記事〈AERA〉』の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/10(月) 01:49:07.93 ID:???0
    ★偽ベートーベン実家近所、虎新井母も残念

    「現代のベートーベン」と称された作曲家佐村河内(さむらごうち)守氏(50)の
    ゴーストライター問題で、広島市内にある同氏の実家周辺では騒動を残念がる声が広がっている。
    住民らによると、ゴーストライター問題が浮上するまでは「地元のヒーロー」状態だったという。

    地域の町内会役員は8日、「息子さん(佐村河内氏)の名前をメディアで聞くようになった
    一昨年くらいから、町内会でもたびたび話題にあがっていた。でも、まさかこんなことになるなんて…」
    と話した。問題発覚後は、町内会で大っぴらに佐村河内氏の話をする人はいなくなったという。

    実家近くにはプロ野球の阪神新井貴浩(37)良太(30)兄弟の実家もあり、新井の母は
    「残念です。去年から、近所でも評判になっていました。どこかで歯車が狂ってしまったの
    でしょうか…」とコメントした。

    また、前日7日に取材に応じて「早く離婚してほしい」と訴えた佐村河内氏の妻の母は、
    「(娘が)どうにか無事で帰ってきてほしい…」と、あらためて訴えて涙した。妻の母は、
    8日付日刊スポーツで佐村河内氏の過去も明かした上で心境を告白。報道を見た親族らから、
    10本以上の電話をもらったことも明かした。

    [2014年2月9日7時13分 紙面から]
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140209-1255148.html
    no title


    関連スレ
    【社会】偽ベートーベン・佐村河内氏に降りかかる空前の“賠償地獄”
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1391980593/

    『【広島】偽ベートーベン実家近所、阪神タイガース新井母も残念』の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/09(日) 22:04:04.34 ID:???0
    ★ゴースト作曲家・新垣隆氏の封印された壮絶な経歴...夜逃げ、露天商、妻が重病説も
    2014年02月07日 日刊ナックルズ

    「被爆二世」で「全聾の作曲家」と聴力を失った不遇の状況ながらも作曲家として優れた交響曲を発表、
    そのため「現代のベートーヴェン」と高い賞賛を得てきた佐村河内守氏(さむらごうち・まもる=50)。
    これまでの作曲が彼自身の手によるものではなかったとゴーストライター新垣隆氏(43)に告発され
    大きな騒動となっているのは既報の通りだ。

    インターネット上では佐村河内守氏ではなく、ゴーストライターとして従事していた新垣隆氏に対する
    注目度が何故か急速に増している。それというのも今回の騒動に前後して新垣隆氏のWikipediaに
    書き込まれた真偽不明の「経歴」情報が波瀾万丈過ぎたためだ。
    ----------------------------------------------------------------------------------------------------
    ※以下Wikipedia差分参照(現在は削除済み)

    青森県下北郡大間町生まれ。幼少期は津軽海峡をはさんで函館山、恵山岬を見て過ごす。家業はマグロの
    一本釣りであったという。不安定な生活に嫌気のさした両親に連れられ、夜逃げのようにして故郷を捨てる
    事となったことは、後の新垣の音楽性に大きく影響している。

    上野に着き、浅草で露天商を営むが、業績のあまりに低いことから廃業して親戚のつてを頼り葛西へ移住。

    成績は中の下であったというが、音楽だけは常にトップの成績であったことから、将来は音楽によって
    恵まれない人々に希望を与えていこうと決意したと伝えられる。千葉県立幕張西高等学校音楽科、桐朋学園
    大学音楽学部作曲科卒業。作曲を三善晃、南聡、中川俊郎、ピアノを森安耀子に師事。

    転機は、1996年ごろ、佐村河内守と出会ったことであった。

    当時新垣の妻千恵子は結核に冒され、新垣の薄給では薬餌代が賄えなかった。そのため、本業の音楽活動の
    傍ら肉体労働に勤しむようになる。
    >>2へ続く

    http://n-knuckles.com/media/mass/news001196.html
    no title

    『【ゴースト問題】新垣隆氏のWikipedia(現在は削除)に書かれた真偽不明の壮絶すぎる過去…夜逃げ、露天商、妻が重病説も』の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/09(日) 21:58:45.07 ID:???0
    ★佐村河内さん、妻を洗脳か!義母が告白

    18年間にわたりゴーストライターに作曲させていたことが発覚した佐村河内(さむらごうち)
    守さん(50)の妻の母親(73)が8日、スポーツ報知の取材に応じ「娘は守にマインド
    コントロールされている」と主張した。

    広島市内に住むその母親によると、佐村河内さんと妻は1988年に同市で結婚。
    当時はサングラスもせず、髪も短かった“ベートーベン”。京都でスタントマンを
    していたとも話していたという。

    佐村河内さんの言動に不審を抱いたのは95年、一家でハワイに旅行に行った時だ。
    パスポート取得費用を始め旅費は母親が負担。それにもかかわらず、友人らへの土産用の
    小物を買う際は妻が佐村河内さんに「これ買ってもいい?」と許可を求めていたという。
    「100円、150円の物なのに。二人の関係はおかしいと思った」と振り返る。

    また以前、佐村河内さんの実家の引っ越しを手伝った際、佐村河内さん宅に
    「ピアノが存在しなかった」ことも明かした。妻は幼少期からピアノを弾いていたが、
    嫁ぐ時に佐村河内さんが「ピアノをくれ」と要求してきたという。

    母親には、娘と佐村河内さんのなれそめが忘れられない。「高校時代、近所のバス停で
    娘を見つけ、後日になって『弟の同級生の佐村河内です』とウソをついて家に来たんです」。
    “虚言”の兆候は当時からあったという。

    http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20140208-OHT1T00219.htm
    no title

    『【ゴースト問題】佐村河内さん、妻を洗脳か!義母が告白』の続きを読む

    1: 大迷惑ρ ★ 2014/02/09(日) 00:05:31.70 ID:???0
     “現代のベートーベン”と呼ばれた作曲家の佐村河内守氏(50)の作品が約18年前から
    別人が作曲していたことが発覚した問題で、“浪速のモーツァルト”の愛称を持つ作曲家の
    キダ・タロー氏(83)が関西のニュース番組で痛烈批判したことがネット上などで話題となっている。

     キダ氏は6日に読売テレビのニュース番組「かんさい情報ネット ten.」(関西ローカル/
    月~金曜、後4・47)に生出演。佐村河内氏についてコメントを求められると「世界を股にかけたペテン師」
    「こんなもん、昔やったら打ち首、獄門や」とメッタ斬りにした。

     佐村河内氏に関しては、これまでNHK番組で特集されるなどしていたが、佐村河内氏の
    存在を知らなかったというキダ氏は「こんなもん私と(辛口コラムニストの)松尾貴史が一緒
    になって取材に行っとったら、絶対バレてるて。こんなん見破らなアカン!世の中、甘すぎる」と指摘した。

     ゴーストライターだったことを公表した新垣隆氏については「(自分の名前が表に出なくても)
    自分の曲が発表されることが、ものすごい喜びやったんやろか。私やったらイヤやけど」との感想。

     佐村河内氏が新垣氏に渡していたとされる「指示書」については「腹立つわ」と内容をみながら
    「こんなもん幼稚園児が書いた競馬の予想以下。ネコでも書ける。ヒントにもならんわ。
    こんなもんで曲書いてもらえるんやったら、私もなんぼでも書くわ」と断じた。

     18年間で20曲以上を提供したという新垣氏の報酬が約700万円だったことには
    「めっちゃ安い。犠牲者に近い」と指摘した。

     番組のコメンテーター陣から、日本には本当にいい曲を評価する地盤がないのかと問われると
    「日本だけやなく、だいたいよそもそうやけど、佐村河内のせいでまた後戻りした」と音楽家として、
    怒りが収まらない様子だった。

     このキダ氏の発言がネット上で話題となり、ツイッターやネット掲示板には「さすがは浪速の
    モーツァルトだ」「スカッとした」「東京でも放送してほしかった」などと、支持する声が相次いでいる。

    Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140208-00000058-dal-ent
    no title

    『【音楽】“浪速のモーツァルト”キダ・タロー氏(83)、“偽ベートーベン”佐村河内守氏(50)をメッタ斬り』の続きを読む

    1: 伊勢うどんφ ★ 2014/02/08(土) 09:23:19.30 ID:???i
     18年間にわたりゴーストライターに作曲をさせていたことが発覚し、耳が聞こえるのではないかなど疑惑が持ち上がった佐村河内(さむらごうち)守さん(50)の
    楽譜を販売する音楽出版社「東京ハッスルコピー」が佐村河内さんに対して損害賠償の訴訟を起こすことを検討していることが7日、分かった。
    同社担当者は2日午後、携帯電話に本人から週刊文春の8ページにわたる告発記事の文面が長々とコピーされた謝罪文が送られてきたことを明かした。

     さまざまな疑惑が投げかけられている佐村河内さんだが、名前と広島で育ったことは事実だった。

     佐村河内さんは幼少時代には両親らと広島市佐伯区で生活していた。
    その場所には別の家が建っているが、当時を知る近隣住民は「小学校を卒業するくらいまでいた」と証言した。
    その後、同区内の車で30分ほどの場所に引っ越した。両親は今も健在だという。雪が降ったこの日、表札のかかった家の電気はついておらず、
    インターホンにも反応はなくひっそりとしたまま。両親が在宅しているかどうかは分からなかった。

     近隣住民によると「(父親は)以前は早朝にウオーキングしているのを見かけたが、最近1週間は見ていない。
    あまり近所付き合いもなかった」という。別の住人は「(佐村河内さんが)学生の頃に見かけたことはあるが、
    大人になってからは一度もない」と証言。
    広島の崇徳高校では佐村河内さんが在籍していたことは認めており、高校卒業後に自宅を離れたとみられる。

     佐村河内さんは著書の中で、実弟を交通事故で亡くした、と明かしているが、住人によると事実だという。また、横浜市内の佐村河内さんの自宅は、この日も返答はなかった。

    [2014/2/8-06:02 スポーツ報知]
    http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20140208-OHT1T00025.htm
    関連スレ
    【社会】佐村河内守氏の妻の母、「早く離婚してほしい」「指示書は娘の字です」「娘まを巻き込まないでほしい」と涙ながらに訴える 2014/02/08(土) 14:32:25.96
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1391837545/


    佐村河内守 耳 聞こえる - Youtube

    https://www.youtube.com/watch?v=Pkh7PvkdZSo



    『【社会】佐村河内さん、名前と広島出身は本当だった』の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/07(金) 00:12:57.17 ID:???0
    ★NHK・フジ頭が痛い「フィギュア高橋大輔SP」佐村河内『ウソ曲』放送していいのか!?
    2014/2/ 6 15:14

    ソチ五輪・フィギュアスケート男子の高橋大輔選手がショートプログラムで使用する
    ヴァイオリンのための「ソナチネ」は佐村河内守氏の作曲でなかったが、高橋は
    予定通りこの曲を使うことを決め、日本音楽著作権協会も問題ないとしているが、
    対応に苦慮しているのがNHKとフジテレビだ。

    NHKは13日(2014年2月)よる11時55分から男子ショートプログラムを中継放送し、
    この時に「ソナチネ」が流れる。フジテレビは14日よる11時からの男子フリーの
    中継放送で、前日のSPを振り返るときにやはり「ソナチネ」が流れる。

    著作権協会は佐村河内の楽曲の利用を当面認めない方向だが、高橋が競技で使用
    することは可能という。ただ、その映像を放送すると問題が生じる。緊急処置として、
    補償金を供託して文化庁長官の裁定を受ける方法があるが、手続きは複雑そうだ。
    NHKとフジテレビだけでなく、その後も高橋のSPシーンを使用する他局も同様の
    「規制」がかかる。

     
     http://www.j-cast.com/tv/2014/02/06196155.html


    【社会】佐村河内守氏を当局が調査へ 障害者詐称か

     http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1391783314/

    no title

    『【社会】NHK・フジ頭が痛い「フィギュア高橋大輔SP」佐村河内『ウソ曲』放送していいのか!?』の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/06(木) 19:24:31.62 ID:???0
    ★佐村河内氏から「ソナチネ」送られた少女の父「深く心に傷」

    聴力を失った作曲家で「現代のベートーベン」と呼ばれる佐村河内守(さむらごうち・まもる)氏
    (50)が、実際は曲作りをしていなかった問題で6日、12年に同氏から「ヴァイオリンのための
    ソナチネ」という曲を送られた、義手の少女バイオリニストの父親がコメントを発表した。

    佐村河内氏が約5年前、テレビで少女を見つけて、コンタクトを取り交流が始まったという。
    そして、12年に「ヴァイオリンのためのソナチネ」を送られたという。

    少女の父は、佐村河内氏が桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43)氏に作曲を依頼していたことことを
    知った時「大変衝撃を受けました」といい「5年もの長きにわたり、信じ切っておりましたので、憤り、
    あきれ、恐怖すら覚えております」と怒りを露わに。

    ただ「娘は、佐村河内氏から格別の厚遇を受け、素晴らしい曲を献呈いただいたり、コンサートに
    出演させていただくなど、様々な恩恵を授かりましたので、それに関しては大変感謝しております」謝意も。

    しかし「ここ1年ほどは、絶対服従を前提に徐々に従いがたい要求を出されるようになり、昨年11月に、
    “服従できぬ”と回答しましたところ、大いに怒りを買い、絶縁された状態になっております」と語り、
    現在は交流がないことを明かした。

    娘については「深く心に傷を負っている」といい、「5年もの間気付いてやれなかったと、親として
    後悔の念にさいなまれています」と娘を思いやった。娘のファンらに対し「ご心配をおかけしたり
    失望されたりしたかと思うと、大変申し訳ない気持ちです」とわびた。

    「娘がまだ、バイオリンを弾き続けたい」という気持ちがあるといい「ヴァイオリンのためのソナチネ」
    そのものには愛着があるとして「この後も真っすぐ育てて行きたい」と親心も見せた。

    最後にソチ五輪フィギュアスケートSPで「ヴァイオリンのためのソナチネ」を使用する予定の
    高橋大輔選手(27)に対し「どうか今回の件に惑わされることなく、健闘されますことを心から
    祈っております」とエールを送っている。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/02/06/kiji/K20140206007531970.html
    no title

    関連スレ
    【社会】「耳が聞こえないのは本当」「彼との会話は手話なんかは使わなくても成り立つ」佐村河内氏の代理人が反論★2
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1391692680/ 『【社会】義手の少女バイオリニストの父「佐村河内氏が絶対服従を前提に従い難い要求。服従できぬと言ったら絶縁された」』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.