no title
(file photo)

経済産業省は2015年12月、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)を見直すことを決めた。2017年以降に実施される。

事業用の太陽光発電に入札制を取り入れ、安い価格を示した業者から買い取るようにして、再エネの普及をすすめつつ国民負担を抑える。再エネの新規参入が太陽光に偏っている現状を改める狙いがある。制度改正で、再エネをめぐる状況はどう変わるのか。
『「“入札制”で普及は進むのか!?」“太陽光”偏重にメス…経産省の思惑は 』の続きを読む