no title

戦後最悪の同時多発テロに見舞われたパリ。エッフェル塔は青白赤のフランス国旗の色にライトアップされ、多くの市民が集うパリ中心部の共和国広場などでは、至る所で仏国歌「ラマルセイエーズ」が歌われている。

仏メディアによると事件後、インターネットで受け付ける仏軍への入隊希望者が3倍となっているといい、「愛国心」の高まりが目に見える形で表れている。
『「国のために死ねれば本望!?」テロが思わぬ効果…入隊志願が3倍に急増』の続きを読む