503818126_9e40f3676e_o(1)
▲水は、限りある資源...
 
公共インフラの所有権を国や自治体、公営企業などに残したまま、その運営権を売却する手法のことを「コンセッション」と呼んでいるがこのところ「水ビジネス」の世界に、この「コンセッション」の概念が取り入れられ始めている。
『「投資チャンス到来か!?」水道民営化…外資参入、価格高騰 広がる懸念』の続きを読む