ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    判決


    0002

    水泳選手の冨田尚弥選手が韓国メディアのカメラを盗んだとして起訴されている。先ほど判決が出て冨田選手は有罪となった。

    冨田選手は裁判所前で「自分の言い分が退けられ納得いきません。切り離された望遠レンズにも私の指紋はついていませんし、映像も不鮮明です」とコメントした。7日以内に控訴するかどうかを決定するという(韓国の場合は控訴期限が7日間)。
    『「この判決は認められない!?」“冨田選手有罪判決”…約11万円の罰金刑』の続きを読む


    no title

    東芝のフラッシュメモリー技術を韓国の半導体メーカーに流出させたとして不正競争防止法違反(営業秘密開示)罪に問われた元技術者杉田吉隆被告(53)の判決が9日、東京地裁であり室橋雅仁裁判長は懲役5年、罰金300万円(求刑懲役6年、罰金300万円)を言い渡した。 
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1425881054/
    1: 極限紳士 ★ 2015/03/09(月) 15:04:14.11 ID:???*.net

    『「元技術者に懲役5年!?」東芝のフラッシュメモリー技術を韓国に流出』の続きを読む

    1: 見習いφ◆trjG9mfkmcRb 2014/04/01(火)00:06:05 ID:vOqrWb7Hi
    残念だが判決に従う…調査捕鯨敗訴で
    2014年03月31日 23時14分
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140331-OYT1T50148.html?from=ytop_main1

     菅官房長官は31日、調査捕鯨を巡る国際司法裁判所(ICJ)の判決について、
    「残念であり、深く失望しているが、国際法秩序、法の支配を重視する国家として判決に従う。

    今後の対応は、判決内容を慎重に精査し、真摯(しんし)に検討する」との談話を発表した。

     ただ談話では、「日本は60年以上も前に国際捕鯨委員会(IWC)に加盟し、
    IWC内の根深い見解の相違や近年みられる機能不全にもかかわらず、IWCにとどまり、
    広く受け入れ可能な解決方法を模索してきた」とも言及し、判決への不満もにじませた。
    no title

    『【国際】 「残念だが判決に従う…」 調査捕鯨敗訴で菅氏談話』の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/03/30(日)11:28:47 ID:bEdvdDs23
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014033002000114.html
    【ブリュッセル=共同】反捕鯨国のオーストラリアが、日本による南極海での調査捕鯨
    国際捕鯨取締条約に反するとして中止を求めた訴訟の判決が三十一日、オランダ・
    ハーグの
    国際司法裁判所で言い渡される。
    同裁判所の裁判は一審制で控訴は認められていない。日本政府は判決に従う考え。
    日本が敗訴した場合、一九八七年から続けてきた南極海での調査捕鯨を中止せざる
    を得なくなる。

    訴訟の最大の争点は、南極海で実施している日本の調査捕鯨が国際捕鯨取締条約
    八条で認められた科学的研究のための捕鯨に当たるかどうか。

    オーストラリアは、日本の調査捕鯨は捕獲のサンプル数に根拠がないなど科学性を
    欠き「科学を装った商業捕鯨だ」と主張。商業捕鯨のモラトリアム(一時停止)を
    定めた同条約
    違反していると訴えた。

    (詳細はソースにて)


    Humpback Whales feeding, diving, surrounded by birds and sea lions, just off Morro Rock.

    『日本の調査捕鯨 敗訴なら中止も 国際司法裁あす判決』の続きを読む

    1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/03/07(金) 07:49:17.23 ID:???
    ソースは
    http://getnews.jp/archives/528082

    アメリカ・マサチューセッツ州の最高裁判所で、驚きの判決が下された。
    女性のスカート内を盗撮して捕まった男に「州法に反せず」の判決が出たのだ。

    ■州法が定める盗撮は「脱衣所や風呂場におけるヌードまたは部分的ヌード」だけ
    被告人マイケル・ロバートソンは、地下鉄車内で携帯電話のカメラを使って女性のスカート内を盗撮したとして2010年に逮捕された。
    この事件の控訴審で州最高裁は、州法が定める盗撮対象は「脱衣所や風呂場のようなプライベートな場所におけるヌードまたは部分的ヌード」の場合に限られるとの解釈を示し、「女性は公共の場でスカートも下着も身に付けていた」と訴えた被告側の主張を認め、被告人を罪に問うことはできないとする判決を下した。

    この判決に対し検察官や上院議員は「時代遅れの判決だ」と憤慨し、女性のスカートの下のプラバシーを守るため、法改正の動きを見せている。

    ■もし日本で同じことをしたら?
    日本で女性のスカート内を盗撮すると、まず間違いなく軽犯罪法あるいは
    “迷惑防止条例”違反で有罪となる。過去には、歩いている女性のお尻や上半身を服の上から撮影しただけで有罪となったケースもある。
    対象が18才未満の場合には、児童ポルノ禁止法違反の対象にもなるようだ。
    (記事抜粋 全文はソースにて)

    画像とソース:dailymail.co.ukより引用
    http://www.dailymail.co.uk/news/article-2574391/Judge-rules-upskirt-photos-taken-without-consent-NOT-illegal-long-victim-wearing-panties.html

    -以上です-
    画像は
    no title

    『【米国】“逆さ撮り”で逮捕された盗撮犯に「パンティー履いてたから違法じゃない」の判決 急げ!(ガジェット通信)[14/03/06]』の続きを読む
    Copyright © 2014-2018 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.