dogout


インドで実験用に飼われていた多くのビーグル犬が、動物愛護団体によって救出され話題となっている。

その愛護団体とは「CUPA(Compassion Unlimited Plus Action)」。彼らによれば解放されたビーグル犬は156匹で、ほとんどが2歳から5歳までだという。

しかも犬たちは化粧品を開発している研究所の狭いケージの中で、最小限の食事しか与えられずに育てられたため、今まで1度も太陽の光を浴びたことがなかったそうだ。 【動画あり】
『「ワン公~怒りの脱出!?」動物実験用のビーグル犬156匹を解放…インド』の続きを読む