ぶっしーねす速

ビジネス周辺(2ch,open2ch)ニュース速攻まとめ

    博物館


    image-a-1_1495576866984(1)

    古代エジプトのツタンカーメン王の墓から見つかった副葬品などを日本の支援で建設中の新しい博物館に移送する作業が23日、始まりました。

    移送が始まったのは、およそ100年前、エジプト南部ルクソールの「王家の谷」で、ツタンカーメン王の墓からミイラとともに見つかった儀式用の戦車とベッドなど71点です。
    『「日本の支援で移送!?」ツタンカーメンの副葬品…新博物館へ エジプト』の続きを読む


    4102714674_0c0d7ec085_b(1)

    【AFP=時事】米首都ワシントン(Washington D.C.)にある米国歴史博物館(National Museum of American History)が、ビール好きにとっては夢のような仕事の機会を提示している。

    その内容は、米国各地を巡りビールを飲むというもので、費用は博物館側が全額負担し、年俸6万4650ドル(約660万円)が支払われる。
    『「研究員を募集中!?」費用負担…米国各地を巡ってビールを試飲する仕事』の続きを読む


    no title
    ▲オープンした博物館

    第2次大戦中、旧日本軍がタイとビルマ(現ミャンマー)間に建設した泰緬鉄道の博物館が4日、ミャンマー東部モン州タンビュザヤで開館した。

    タンビュザヤは、鉄道のミャンマー側起点の町。タイ側の鉄道跡や関連施設は観光地となっており、政府やモン州当局は同様に観光振興で役立てる考えだ。
    『「泰緬鉄道が復活!?」 ミャンマー…旧日本軍施設が博物館として開館』の続きを読む


    640px-Muzeum_Narodowe_Gdansk_01
    ▲グダニスク国立博物館

    【AFP】ナチス・ドイツ第三帝国の公式彫刻家の1人が制作した、独裁者アドルフ・ヒトラーの大理石製の頭像が、ポーランド北部都市グダニスク(Gdansk)にある博物館中庭の地中から出てきた。

    中庭の地面を掘っていた作業員らが発見したと、博物館関係者が5日、発表した。
    『「作業員が偶然発見!?」ヒトラー大理石頭像…ポーランドの博物館中庭で』の続きを読む


    no title
    ▲カルフォルニア シュルツ美術館

    ソニーグループ傘下のソニー・クリエイティブプロダクツ(東京)は28日、 東京・六本木に「スヌーピーミュージアム」を、2016年3月に開館すると発表した。 営業は期間限定で、18年9月までの予定。
    『「スヌーピー美術館開館予定!?」CAの分館2016年3月六本木に開館発表』の続きを読む

    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/05/16(金)21:01:06 ID:Djgz2XJbY

    no title
    ▲同機 零式艦上戦闘機五二型 61-120(所沢 零戦 エンジン始動見学会にて)

    世界でたった1機!“飛べるゼロ戦”を取材
    < 2014年5月16日 16:09 >

     アメリカ・ロサンゼルス近郊にある博物館に、世界でここにしかないという貴重な日本製の戦闘機「ゼロ戦」が展示してあるという。加藤高太郎記者が取材した。

    『【航空】貴重!世界でたった1機!“飛べるゼロ戦”【歴史】』の続きを読む

    1: 0pen◆WHKFDgNjmQ 2014/04/21(月)00:14:13 ID:gRF5DotL8
    デンマークのゲーム博物館がゲームオーバーだ。

    no title


    経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」によると、ゲーム博物館「Spilmuseet(デンマーク)」が閉鎖し、膨大な数のコレクションが新しい嫁ぎ先を待っているとのこと。

     その内訳は以下

    ・約10,000台の家庭用コンソールとコンピューターゲーム
    ・約4,000台のアーケードゲーム
    ・約1,400台のアーケードマシン(ゲームとマシンの違いは不明)

    詳細はソース元にて
    http://famicoroti.blog81.fc2.com/blog-entry-1450.html
    no title
    ▲館長のルーン・ケラー


    『世界最大級のゲーム博物館が閉鎖「誰かまとめて引き取って!」』の続きを読む

    1: 桂べがこφ ★ 2014/02/13(木) 10:27:47.67 ID:???0
    "米コルベット博物館の床が陥没、高級車8台のみ込まれる"

    米ゼネラル・モーターズ(GM)の高級スポーツ車コルベットを集めた米ケンタッキー州の
    「国立コルベット博物館」で12日、床が突然陥没し、コルベット8台がのみ込まれた。

    陥没穴の大きさは幅約12メートル、深さ約6メートル。損害額は数百万ドル規模と推定されている。

    博物館の広報によると、同日午前5時半すぎ、振動検知器で異常を知らせる警報が出たため
    係員が駆けつけ、床に巨大な穴が開いているのを発見した。
    「あまりに大きな穴だったので、コルベットがマッチ箱のように見えた」という。
    最初にこの光景を見た係員は、1日中ショックが収まらなかったという。

    穴に落ちたのは1962年製の「ブラックコルベット」、92年製の「100万台目のコルベット」、
    93年製の「40周年記念コルベット」など8台。うち6台は愛好家から博物館に寄贈されたもので、
    残る2台はGMが所有していた。

    陥没穴は近くにあるウエスタン・ケンタッキー大学がラジコン機を使って調べ、
    建物の構造にはダメージがないことを確認した。博物館はこの区域のみ閉鎖して、
    残る施設は13日から通常通り開館する。
    コルベット博物館は20周年を記念して、今年8月にはモータースポーツパークを新設予定。
    同パークの建設地でも複数の陥没穴が見つかったが、すべて安全対策を施したという。
    (動画あり)

    no title

    2014.02.13
    http://www.cnn.co.jp/usa/35043805.html?ref=rss

    『【海外】コルベット博物館の床が突然陥没、8台のみ込まれる /米ケンタッキー州』の続きを読む
    Copyright © 2014-2017 ぶっしーねす速 All Rights Reserved.